サイエンスな一日。
2009 / 08 / 08 ( Sat )
今日はサイエンスな一日でした。

朝から、静岡科学館「るくる」へ。
ここ数年行っている科学の祭典「サイエンスエスティバル」に今年も参加。
羽だけ娘さんは朝10時から夕刻までずっとこの会場で工作・科学体験をさせてもらっておりました。
(トウヘンボク君の方は遊びと読書に夢中になっていたようで・・・)

毎年の事ながら、いいイベントだなぁと思います。
実態顕微鏡で植物の繊維を覗かせてもらったり、化学反応を使った工作を楽しんだりと
一日があっという間に過ぎていきました。


でも、今日はこれだけではなかったのです。
東名高速道路でビュビュンと東へ。近くの天文台の親子観測教室にも参加。
2人とともに「天体望遠鏡キット」の製作に取り組み、
自作の望遠鏡を使って、木星の観測にチャレンジしてきました。

キットながらなかなか出来が良く、羽だけさんは木星に照準を合わせ、
衛星(いわゆるガリレオ衛星)まで観測することができました。
特に理系ではない彼女ではありますが、ピントを合わせる難しい作業に黙々と取り組んでおりました。

また「子供の科学」好きなトウヘンボク君の方は、天文台の屋根に寝転がって、
夏の大三角をはじめ、さそり・いて座の観測を楽しんでおりました。


そんなわけで、朝8時から夜9時まで一日中サイエンスなことばかりでありました。
帰り道では二人とも車の中でグースカ寝ておりました。



やはり夏休みが短くなった気がします。
子供たちにとって「楽しいイベント」は多いのですが、じっくりと宿題に取り組むための日がない気もして、
いささか子供たちの宿題がまだ終わっていないことが気になっているワタシであります。

はっきり言って疲れた日でありましたが、子供たちが少しでも「理科」好きになってもらえば・・・と思い、
がんばって運転手を努めることが出来たことに満足であります。

では。
スポンサーサイト

テーマ:教師の休日 - ジャンル:学校・教育

23 : 44 : 26 | 子育て | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<地震はやはり怖いです。静岡より。 | ホーム | 世間をもっと知る必要がある。>>
コメント
----

理科の得意な先生は良いですね。何かとツブシガききますもね!
私は数学専攻でしたので無味乾燥で社会で生かすことがなくつまらないです。
習字・美術・体育・音楽などは社会教育で引っ張りだこですよ。羨ましく思います。
学校教育の場ではその逆ですがね。
by: appochan * 2009/08/09 06:33 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ultramarutti.blog26.fc2.com/tb.php/970-00eac393
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |