世間をもっと知る必要がある。
2009 / 08 / 06 ( Thu )
こんばんは。今日は家内とともに、住所変更手続きの旅をしました。

銀行・郵便局・農協と通帳の記載事項変更をするだけで半日が過ぎました。

昨日の記事のコメントで、

このご時世住宅ローンがすんなり通るというだけで、
「お金に縁がある人」なんですよ。
同じくらい年収があっても審査が通らない人っていっぱいいますから。

というご意見をいただきました。
ワタシもそう思いました。
ワタシも大学を出て、すぐに「教師」になった訳ではなく、しばらく小さな会社にお世話になっていました。
ボーナスどころか、給料未払いまで発生するところでしたから、よく分かります。

たかが自分の「教師」という看板だけで、すんなりローン審査を通して頂けること。
逆にワタシとしては怖い思いがします。
いつでも教師としてのクビが切られる可能性があります。
ましてこれからの時代は、その可能性は高まっていくのでしょう。
日に日に、その「予感」が「実感」に変化していますので。
きっと公務員・教員だからといって、何気なく、問題を起こさず定年を迎える・・・って
時代ではなくなっていくのでしょう。

だからこそ、「すんなり通る」ことが自分としては怖かったのです。


そんな思いを抱えながら、自動車免許の住所変更をしようと免許センターまで車を運びました。
時刻は12時45分。待合室にはたくさんの人。
受付には「休憩中」の看板。お昼休みだったんですね。
1時近くになると、受付が開きました。長蛇の列ができ、受付の方がその列をせっせと裁いていきます。

自分と家内の番が来て、受付の方が「免許更新ですか?」と言われたので、
「いいえ、住所変更です。」と答えたら、
「それは午後2時からですよ。
 記載事項変更は2時からって書いてありますよ。」

とのこと。

いやぁ、知らなかった。


まだ農協に回る必要があったので、免許センターを後にしました。
行ったのは地元の警察署。あっという間に住所を変更して下さいました。
おかげで午後3時の農協の窓口が閉まる前に、行くことができ、
通帳関係の住所変更はすべてすることができたのですが・・・。


なんだか自分がまだまだ世間知らずだなあということと、
「昼休み」があるって羨ましいことだと思いました。

一応、ワタシたちの就業時間にも「休憩」はあります。
でも、子どもたちが学校にいる以上、事実上仕事時間です。
昼休み、運動場で遊んでいる子どもがケガをした時なんかに、
「いやぁ、ワタシは『休憩中』だったんですが、この子がケガしましてね・・・」なんて言えません。

もちろん、多くの先生方が「それが仕事だ」って割り切って働いていますけど。
窓口を訪れた人に「休憩中ですから」ってシャットアウトできる仕事ってあるんだなぁと思いました。


長期休業中でなければ、「年休」なんてなかなか取れない仕事です。

もちろん、申請すれば確実に取れるのですが、
「うちの先生、いつも休んでばかりで、自習ばかりです。」
という担任の先生では困るでしょう。
ましてや担任自身だって、教科の進度を止めることになりますし、
最も子どもたちがかわいそうだ。

そんななかなか取れない休みの間に、ちょっと垣間見ることが出来る校舎の外の世界。
自分としては、もっと知る必要があるなと思っています。


あくまでも一教師いや一個人としての思いです。
よろしくお願いします。では。


スポンサーサイト

テーマ:教師の休日 - ジャンル:学校・教育

09 : 20 : 45 | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<サイエンスな一日。 | ホーム | やはり世間知らずなんだなと思う。>>
コメント
----

教育活動に支障の出ない範囲内で年休を行使し、リフレッシュすることも大切ですよ。

by: appochan * 2009/08/07 06:52 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ultramarutti.blog26.fc2.com/tb.php/969-18745e18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |