スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
それは、もちろん大事な仕事なんですけどね。
2009 / 05 / 07 ( Thu )
GWの連休明け。やはり、というか当然なんだけど、子どもたちが見事に「リセット」された状態。
「当番の仕事忘れてません?」とか、
「休み時間の前に次の時間の仕度をしておきましょ?」など、4月のクラス開き同様の話をする。
きっと、このような思いをされている方が多いと思うんです。
でも、仕方がないかなとも思います。
家庭訪問での半ドン、遠足、そしてお休みって、学校生活らしくない日々が続いていたのですから。
これから、また「ネジの巻き直し」ですな。

でも、今年の連休明けは、けっこういつもと違ったんです。

「海外に行った子はいないか」とか、「急に熱が出た子はいないか」など、
例のインフルエンザ関係で、なんとなく雰囲気が違ったんですな。

ま、キモチ分かります。とても大事なことです。


でも、ワタシ、そこで思い出したんです。
朝、ウチの子どもたちの体温を計るように、子どもたちの学校から言われていたこと。
しまった。忘れておった。


今、子どもたちに話を聞く。
そうしたら、保健室で計ったんだそうです。
クラスの3分の1ぐらいの子とともに。

いやぁ、悪いことしたなぁと思うんです。保健室の先生、すんません。


ホント、大事な仕事です。大事な仕事です。
でもさぁ、海外旅行に行けないワタシにとっては、なんというかなんというか。

にほんブログ村 教育ブログへ

追伸 来月に外国に行くという両親はどうするのだろうね。
スポンサーサイト

テーマ:教師のお仕事 - ジャンル:学校・教育

21 : 03 : 49 | お仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<喜んで走るしかないやん。 | ホーム | 時間がかかってもいいと思うんだ。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ultramarutti.blog26.fc2.com/tb.php/957-549ffb6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。