「女王」になりそこなったワタシ。
2009 / 03 / 22 ( Sun )
土曜日、おこりんぼさんは丸一日おバイトに。
子どもたちは子ども会の球技大会の練習に参加。
というわけで、午前中は家に一人でいるのもなんだから、
学校に出かけ、自分の荷物の片づけをしようと思った。


ぼちぼちと荷物の片づけを初めていたのだが、やはり荷物が多い。
100円ショップで購入したA4のファイルボックスが10個近く。
あまりにも多くなってしまったものだから、資料の整理を始めた。

処分したのは昔製作した学習プリントたち。
作ってはファイルに閉じておいた物を一気に片づけた。
10年ぐらい前に作ったものもあったが、結局再び使用することもなかった。
懐かしいものではあったが、やはり若い時に作ったプリント。どこか使いにくい。
今はCDに焼いて仕事を保存しているが、それ以前の紙になったプリントはほとんど処分。
6冊あったファイルを1つにまとめた。

また子どもたちの表れを記録したA4ノートも捨てることにした。
子どもたちのよさを日々記録していたものだが、ここで別れることにした。


こんなことをしていると、ちょっと昔のドラマ「女王の教室」を思い出す。
あのマヤ先生は、子どもたちの卒業式の日、職員室で子どもたちのデータをすべて「削除」した。
あれは正解。ワタシも彼女と同じ気持ちで、子どもたちの表れを削除していった。


もちろん、ワタシが手放した書類は個人情報も含んでいる。
捨てるにしても、簡単には捨てられない。
成績関連はシュレッダーで破砕し、その他のものは自ら清掃センターに持ち込んだ。
燃えていく記録。
しばらくじっと見ていたかったが、トウヘンボク君たちがお腹をすかせているのだろう。
清掃センターを素早く後にした。



そして、日曜日。
トウヘンボク君の野球帽を買いに、スポーツショップへ。
声をかける男あり。それは、昔の教え子。


ワタシより背が高くなった子。もう高校生だ。
思い出す記憶。彼に手を焼かされた恥ずかしい思いとともに。



ワタシは「女王」のようにはなれなかった。

実は、子どもたちの名前を書いた名簿と写真は1冊のファイルの中に入れておいた。
甘いかもしれない。でも、ワタシなりにそうしたかったんだ。



↓そんな小学校教師の休日でありました。
↓春休みは当然お休みなし! ですが、ぼちぼちとがんばります。
↓どうぞ、ご愛顧を。
にほんブログ村 教育ブログへ




スポンサーサイト

テーマ:教師のお仕事 - ジャンル:学校・教育

18 : 34 : 31 | お仕事 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<唄をうたおう。 | ホーム | 屋上で叫ぶ。>>
コメント
----

私は独身時代に8回、結婚してから15回引越しました。内示前に不必要な物は捨てることにしたのですが、教育関係図書と研究物、実践記録、アルバム、思い出に残る手紙類は必ず残しておきました。日用品の処理の基準は一年間一度も使わなかったものは捨てるということでした。教育雑誌は特集記事のみファイルしてあります。教職退職後に殆ど始末しました。現在A4ファイルが本箱に95あり、事務処理等に役立っています。ワープロのフロッピーが30枚ほどで、昔の記録は全て保存済みです。今はCPで保存できて便利ですよね。長くなってごめんなさい。
by: appochan * 2009/03/23 07:02 * URL [ 編集] | page top↑
----

コメントありがとうございます。

素晴らしいですね。
ワタシの家はそこまで資料が入るスペースが
作れそうもないです。

ですので、自分がこの先磨いていきたいものを
中心に荷物の整理をしました。
もちろん、子どもとの思い出は捨てられませんが。


by: うるとらまる * 2009/03/23 22:08 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ultramarutti.blog26.fc2.com/tb.php/933-fa64cb52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |