不都合な誕生日。
2009 / 03 / 14 ( Sat )
13日はワタシの誕生日。年男なので、36になりました。
ワタシが子どもの頃想像していたより、だいぶ落ち着かない36ではありますが。


この日は深夜2時に起きて、ケーキ作りを始めた。

いや、なんというか、自分のためではない。
先月のバレンタインのお返しのため。
本当に不都合な誕生日。


ちょっと前までは、この日が成績表の提出日であったり、その前日であったりして、
酒を飲む余裕すらなかったし、
今日も新学習指導要領に対応した各教育計画の〆切日であった。

タマゴと小麦粉をかき混ぜながら思った。
あぁ、なして、今ケーキ焼いているんだろうか・・・と。



今日の学校は子どもたちを早めに返した。
卒業式の予行演習。3年生の子たちは出席しないため、気楽に学校を出て行く。
いや、気楽じゃないか。お荷物をどっさりと持って、
「重税に苦しむ国民」
21031301
↑中学校の社会の教科書にあるこの挿絵のようになって家に帰っていく。
(すみません画像拝借致しました。)

天気だけは晴れてよかった。

今年度の卒業生は一昨年担任した子たち。
以前、環境をテーマにした総合学習を楽しんだ子たちだ。

ホント子どもたちはあっという間にでかくなっていく。
自分の身長より高くなった子もいる。
6年生って立場が子どもを大きくするんだろう。立派であった。



そして、卒業式に向けた打ち合わせや準備をした後、
ようやく朝焼いたケーキを姉御さんをはじめ、「お嬢様」方に配る。

男がケーキを焼くことに免疫がないのか、感動される方もいて。
うちではごく当たり前のこと。今では羽だけ娘は自分一人で作ろうとする。

「え、誕生日の日に自分でケーキ焼いたの?」と、ホワイトデーのお返しだと気づくまで
けっこう時間がかかる方もいて。職員室はちょっとだけ混乱した。



年度末の仕事をしてから、家に戻る。
すると、朝のケーキは、
210313
子どもたちの手により、バースデーケーキに生まれ変わっていた。

ただでさえ甘いケーキに、甘い生クリームとチョコ。
酒飲みのおこりんぼさんにとっては耐えられないほど「甘~い」ケーキであり、
彼女はほんのわずかしか口にしなかった。

そんな彼女にも感謝。エビスビールを買っておいた。

子どもたちからも表彰状。
「35歳の一年間をいつもがんばってくれました」とトウヘンボク。



う~ん、結果として、あまりがんばれなかった。家のこともまだまだ進んでいない。
まだまだできることがあったはずだ。

今年一年はもっとできる。あなたたちのためにがんばる。

そんな誕生日であった。




↓そんな小学校教師の誕生日でありました。
↓どうぞ。ねぎらいの1クリックをお願い致します。では。
にほんブログ村 教育ブログへ


スポンサーサイト

テーマ:教師のお仕事 - ジャンル:学校・教育

06 : 03 : 29 | お仕事 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<打つべし、打つべし。 | ホーム | 思い出がいっぱい。>>
コメント
----

お誕生日おめでとうございます。
人生の中で一番輝く時期では?
健康には十分気をつけて下さいね!
by: appochan * 2009/03/14 06:27 * URL [ 編集] | page top↑
----

はじめまして、お誕生日おめでとうございます。
by: 太田焼きそばマン * 2009/03/14 11:07 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ultramarutti.blog26.fc2.com/tb.php/929-ab0d356c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |