スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
何気ないものを見つめる。
2009 / 02 / 06 ( Fri )
あぁ、画像データが紛失・・・。今日もいい子どもたちの表情が撮れたのに・・・。

それだけでかなり凹んでいます。
文だけで表現できるかどうか分かりませんが、更新しておきます。


社会科の学習で、「火事を防ぐためのしせつ」について話をしました。
施設というと、建物のイメージがあるのですが、今回は「設備」のことで話をしました。

久しぶりに教室の外に出て、校門の前で子どもたちに学び方を指導しました。
学校には「防火水槽」と呼ばれるものがある。
また道には「消火栓」と呼ばれるもの、いざ火事が起きた時にはホースをつなぐことができるところ。
さらに消火栓の近くには、ホースを格納している赤~い箱が設置されていること。
とにかく、赤色とオレンジ色に気を付けて、町を歩いてみようと。

5月頃、町探検で歩いていたルートを再び歩いてみました。
東京へのベットタウン化がすすむ我が町。春はまだ田んぼだった所にマンションが建設されていたり、
お店ができていたりと、時の移ろいをワタシは感じていました。
その間に、子どもたちは道路のいろんな所に「消火栓」があることに気づいていました。
中には「ポンプ車」の絵柄のふたであったり、「まとい」のものであったり・・・。

大きな道路では、「消火栓」のある所のそばに、赤く「消火栓」と書いた標識があるんです。
その標識の存在に気が付いた女の子に、「この道の先を見てごらんよ。」と声をかけると、
「あ、同じ物が2本ある!」って、気が付いてくれました。

子どもたちも、ワタシ達も、普段何気なく町を歩いていると気が付かないものって、
たくさんあるんだなと改めて思いました。

消火栓なんて、とくにそうではないですか。
ワタシ達はその存在に気づかずに、平気で踏んでいるのですから。


ワタシは知識だけでは子どもは育たないと思います。
今日の授業では子どもたちの「見る目」を育てたかったんです。

何気ないものにも、意味があるんです。
子どもたちの見る世界に「彩り」を加えていくこと。
今日の町探検はとてもいいものだったと思います。


↓そんな小学校教師の一日でありました。
↓あぁ、画像、どこに消えてしまったんだか!?

↓そんな小学校教師に励ましの1クリックをお願い致します。では。
にほんブログ村 教育ブログへ
スポンサーサイト

テーマ:教師のお仕事 - ジャンル:学校・教育

05 : 12 : 43 | お仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<「千秋先輩~♪」ってわけにはいきませんな。 | ホーム | 目方でドンだ。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ultramarutti.blog26.fc2.com/tb.php/910-f1e16bf6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。