「グラム」はすぐに、教えずに。
2009 / 02 / 02 ( Mon )
算数「重さ」の活動。

今日はグラムについて学習。

先週までは、「リンゴ3個分」として重さをとらえていた子どもたち。
ここでようやく、共通単位としての「グラム」を学ぶ。

はじめ、1円玉を1枚用意した。その重さこそ、1グラム。

子どもたちにその説明をした後、それぞれの重さを天秤を使って測らせた。

210202
(注 黄色い棒は「算数セット」の組み棒。1本は1円玉と同じ重さ。)

子どもたちの消しゴムは、おおよそ10グラムから20グラム強。
最も重かった「横綱」級の消しゴムの重さは130グラムだった。

その後も、鉛筆やヘアゴムの重さを測るのに熱中する子どもたち。
授業の時間はあっという間に過ぎ去った。


何度も書いていることだが、ワタシは算数の「遠回り」が好きだ。
もちろん、後々の指導が遅れないようにするのが大事なんだけど。
わがまま言うと、こんな子どもたちが夢中になる時間がもっとあるといいのに。


↓それでも、来年度からの授業時間増。
↓一番影響を受けるのは、新4年生だと思っています。
↓今の3年生は、ワタシの学校の場合はオール5時間。
↓来年度からは、週3日が6時間授業。

↓なんとなく、子どもの余裕も、授業の用意をするこちら側の余裕も、
↓どちらも失っていくような気がする・・・・のはワタシだけでしょうか。
↓大事なのは「詰め込む」ことではなくて、「習ったことを使う時間・精神的な余裕」だとワタシは思います。

↓そんな小学校教師の一日でありましたさ。では。
にほんブログ村 教育ブログへ





スポンサーサイト

テーマ:教師のお仕事 - ジャンル:学校・教育

23 : 00 : 19 | お仕事 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<12年に1度の逆転劇。 | ホーム | 靴を買う。>>
コメント
----

うるとらまねさんのブログを楽しみに見ています。来年度から時数増が図られるそうですが、また、昭和42年以前に戻ったのですね。
サイン波のように繰り返されているような気がします。
まあー、前向きに考えて楽しく過してくださーーーい。
by: appochan * 2009/02/03 08:17 * URL [ 編集] | page top↑
----

昭和42年ですかぁ・・・生まれてないですね。

なんとなく余裕がなくなることを
ワタシは心配しております。

ま、ぼちぼちと適応するとは思うんですけど、
子どもたちが心配です。いささか。

毎度コメントありがとうございます。では。

by: うるとらまる * 2009/02/03 22:05 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ultramarutti.blog26.fc2.com/tb.php/907-85185c88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |