奏でるってすごいことだ。
2009 / 01 / 16 ( Fri )
「小学校の先生って、なんでもできるんですね。」って、よく言われる。
小学校は担任がすべての教科を受け持つことが多いからだ。

もちろん、なんでもできる方も多いとは思うが、ワタシはそうでもない。
正直に申し上げると、「音楽」は苦手。
本来は、専科の先生に授業を任せたいんだけど、学校の都合により今年度は自分が受け持っている。

3年生はリコーダーの演奏の仕方を教わる年なので、しっかりとした指導技術をお持ちの方に・・・とは
思っているのだが、仕方がないので、上手な子どもたちにお願いして、みんなで演奏ができるように
教え合う指導の仕方をしてきた。すみません、これがワタシの「いっぱいいっぱい」状態の指導。


来月はうちの学年が全校の前で演奏を披露する舞台が用意されている。
学年練習が始まる前に、ある程度完成させておかねば、姉御主任に申し訳が立たない。
ワタシよりオルガンの上手な男の子にオルガンの演奏を任せて、子どもたちとリコーダーを吹く。

21011501

演奏の練習を繰り返していく。
それだけで、子どもたちの音が次第に揃っていく。
オルガン、鍵盤ハーモニカ、リコーダー、木琴と音が重なっていく。
それにつれ、子どもたちが集中し、いい表情になっていく。

和音とはよく言ったものだ。
緊張した子どもたちの顔が緩んでいく。演奏するを楽しみを見つけたかのように。
これって、音楽の魅力なんだろうと思う。



家に帰ると、子どもたちが「Wii Music」に興じていた。お年玉を使って買ったソフトである。
演奏技術はなくても、自分で好きな楽器を選び、セッションができるようだ。
忙しいゲームではない。
コントローラー(って言い方でいいんだっけ?)を振り回し、出てくる自由な音を楽しんでいる。

トウヘンボク君が宿題そっちのけで遊んでいたところに目をつぶるが、
うちの子どもたちも音を楽しんでいた。
その表情が、今日の音楽の授業のものとシンクロして見えた。


↓そんな小学校教師の一日でありましたと。
にほんブログ村 教育ブログへ



スポンサーサイト

テーマ:教師のお仕事 - ジャンル:学校・教育

03 : 14 : 26 | お仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<そうか、もう14年も経つのか。 | ホーム | 遠回りする価値はある。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ultramarutti.blog26.fc2.com/tb.php/895-a17b7c29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |