カレッジ・オブ・ザ・ウインド
2008 / 12 / 31 ( Wed )
カレッジ・オブ・ザ・ウインド。
それは風に向かう勇気。

あぁ、重みのあるタイトルを書いてしまった。
普段、子どもたちに作文を書かせるときには、まず「仮題」でいいから題を決めさせる。
話の中心がずれないために、題は必要だと思っているからだ。
そして推敲が終わった後に、魅力的な題、人を引きつけるような題に直しなさいとワタシは言う。

この言葉は若い頃に見ていた演劇集団キャラメルボックスさんの演目だった。
(もちろん、今でも公演されておりますが)
自分の今年一年の思いを書こうかなと悶々としていたら、この言葉を思い出した。


はっきりいうと2008年はワタシにとって、いい年ではなかった。
愚痴を言っても無駄だけど、かなりキモチがダメになった時もあった。

それでも、ワタシには家族がいて、仕事もある。
来年は家を建てられる。この時代に住宅ローンを組める幸せ。
生きていく目的がとてもシンプルになった年とも言える。

でも、立ち向かうことがなくなった訳ではない。
仕事の面もそうだけど、様々なことがワタシに向かってくるだろう。

ワタシに必殺技はない。
ワタシにできることは、そんな冷たい風に立ち向かうだけだ。
せめて吹き飛ばされないように、ただ立ち向かうだけだ。


ひょっとしたら、案山子程度なのかもしれないのだけれど。


↓そんな小学校教師の思いでありましたが・・・今回は教師は関係ないですねぇ。
↓ま、ただなんとなくぼちぼちとブログを続けます。今年一年ありがとうございました。では。
にほんブログ村 教育ブログへ
スポンサーサイト

テーマ:教師の休日 - ジャンル:学校・教育

12 : 34 : 06 | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<あけましておめでとうございます。 | ホーム | 暇なもので。>>
コメント
----

うるとらまるさん、一年間ご苦労さんでした!
世の中、北風の時もあれば南風の時もあります。しかし、強い北風に耐ええて初めて生きる楽しさや幸せが分かるものですよ・・・・・・。
焦らず我が道を進んで下さい。応援していまーーす。
by: appochan * 2009/01/01 05:32 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ultramarutti.blog26.fc2.com/tb.php/885-4f88925a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |