スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
人数が増えておりました。
2008 / 12 / 04 ( Thu )
今日は快晴。温かな日差しの中、持久走大会が行われた。
ワタシの仕事は進行役。あちこちと走り回り、会を運営していた。

事故なく終わるのが第一。
他の学年は、走っている子どもの顔色を見守っていたのだが、
自分の学年になると大きな声を出してしまった。

ワタシは先日骨を折ってしまった子とともに走った。
手にはまだギブスが残っているものの、その子は「走りたい」と言い、
ワタシはその子の安全をできるだけ守るために伴走。
お母さんはずっと見守ってくださった。

ゴールまでたどり着いた時にはお母さんは涙。
「ありがとうございます」
お母さんのその一言が、とてもありがたかった。



そのレースがトリだったので、ワタシは閉会式の準備を始めようとした。
そこで、ようやく自分のクラスの異変に気付く。

子どもたちが号泣してるではないですか・・・。


先日の運動会よりたくさんの子。
目標としていた順位に届かなかったと、
ライバルとしていた子に負けてしまったと、ポロポロと涙を流す。


悔し涙を流すぐらい、子どもたちは一生懸命に走ったんだろうと思った。
それはとてもうれしいことだと思った。


本当によく頑張った子どもたちの姿を見ることが出来て、ワタシはうれしかった。


↓そんな小学校教師の一日でありました。
↓今日も明日も、仕事をがんばりたいです。
にほんブログ村 教育ブログへ









スポンサーサイト

テーマ:教師のお仕事 - ジャンル:学校・教育

22 : 32 : 27 | お仕事 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<何かを守るため。 | ホーム | ビバ! アドレナリン!>>
コメント
----

お早うございまーす!
骨折した子と一緒に走ってあげたこの姿勢は、この子にとって忘れられない思い出となることでしょう。私からも大きな拍手を送ります!このコメントを書きながら涙がにじんできました・・・・・・・・。ありがとう!
by: appochan * 2008/12/05 07:11 * URL [ 編集] | page top↑
----


日記を読んでいて
とっても
心が暖まりました。

よかったですね(*^ω^)

by: 彩 * 2008/12/05 20:35 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ultramarutti.blog26.fc2.com/tb.php/868-6f5f795f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。