ビバ! アドレナリン!
2008 / 12 / 04 ( Thu )
水曜日は、うちの子どもたちの学校のマラソン大会だった。

うちの羽だけ娘は、けっこう長距離走になると強い。
単学級の小さな規模ながら、一昨年度に優勝したものの、昨年度は2位。
今年は昨年のリベンジを計りたいと思っていたようだ。

ワタシも仕事から戻ってきたら、彼女とともにコースを走り、
レースでのポイントをアドバイスしてきた。
昨年度はスタートに出遅れて、勝てなかったそうだから、
スタートで遅れないようになるべく前に出るんだよ・・・と話をしていた。


そんな水曜日、仕事から戻り、娘にマラソン大会の結果を聞こうとした。
結果は8位。意外だった。

よく見ると、娘の膝には大きな絆創膏が。
スタートの時に転んでしまったらしい。


それでも、彼女は走り続けた。痛みは感じなかったという。
きっと彼女の脳の中では、アドレナリンが出っぱなしだったのだろう。

彼女の靴には、かなりの血。
20100301


「十七人か八人は追い抜いた!」 娘は堂々とワタシに言う。
この娘、宿題をやるときには絶対に見せない根性をだしおって・・・と思う。
確かに気合いだけは入っている子だ。

親として、「よくやった!」と思った。
転んでしまって、走れなくなって、リタイアしてしまう子もいる。
痛みに負けてしまう子もいる。
それでも、彼女なりにアドレナリンを放出し、がんばったのだから。


今日はうちの学校のマラソン大会。ワタシは低学年の大会の仕切役。
きっと、こんなドラマが待っているんだろうなと思う。

教師として、ひとりひとりの子のがんばりをしっかり見届けたいと思った。
優勝とか2位とかの子のがんばりは目立つ。
遅くなる子や、本番で実力が出せなかった子の努力も。

それが小学校教師の仕事でありたいとワタシは思う。


↓そんな娘のがんばりに励ましの1クリックをお願い致します。
↓さぁ、朝、今日もがんばります。では。
にほんブログ村 教育ブログへ
スポンサーサイト

テーマ:教師のお仕事 - ジャンル:学校・教育

05 : 27 : 16 | 子育て | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<人数が増えておりました。 | ホーム | サビ。>>
コメント
----

羽だけ娘ちゃん、よく頑張りましたね!
これから成長していくうえでトラブルがあっても頑張っていける心を持っていらっしゃるようで羨ましいです。
by: たぬき * 2008/12/04 09:56 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ultramarutti.blog26.fc2.com/tb.php/867-850092bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |