スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
出先機関。
2008 / 11 / 04 ( Tue )
算数の授業。
子どもたちに「正方形」と「長方形」のことを教え、実際に作らせてみた。

色上質紙に子どもたちは思い思いの大きさの形を書いて、はさみで切る。
私としては、1辺はセンチメートル単位にすることだけを言い、あとは子どもに任せた。

写真のようにロボットを作る子もいれば、タイルを敷き詰めるように上手に組み合わせていく子もいた。
201104

面白いのは、子ども達の手先の動きである。

上手に直角をとることができないまま、はさみで切ってしまい、
組み合わせる時になって、隣の形とうまく合わせられない子。

とにかく「正方形」にすることに夢中になり、
まるでカンナで木を削るかのように細く細く紙を切って形を整えようとする子。

いやぁ、十人十色で本当に面白い。


よく言われることなんだけど、「手は脳の出先機関」。
やはり器用に正方形や長方形を作れる子は、比較的算数が得意。

中には、手をかけてあげなければ正方形一つできなかった子もいた。


これは、やはり幼い頃の経験もあるのではないだろうか。
その子たちは、折り紙やお絵かきをした経験がないというか少ない子が多い。


どうだろう。
やはり、「手は脳の出先機関」といえないだろうか。



↓そんな小学校教師の思いであります。
↓気がつくと、この記事を書いている途中で眠っていたようで、
↓朝、気がついた時には、パソコンは自然にスリープしていたようで。

↓ということは、おこりんぼさんが家で起動した時には・・・
↓問題のあるサイトを開いたまま寝なかったかどうか心配なワタシであります。

↓そんな小学校教師ではありますが、どうぞ見放さずにお願いいたします。
にほんブログ村 教育ブログへ
では。


スポンサーサイト

テーマ:教師のお仕事 - ジャンル:学校・教育

23 : 18 : 14 | お仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ミラー・フラッシュ。 | ホーム | もの作りは最高ッス。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ultramarutti.blog26.fc2.com/tb.php/844-461654f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。