彼女の羽がまた伸びた。
2008 / 11 / 01 ( Sat )
ハロウィンの夜。

家に帰ったら、羽だけ娘が「パンプキンパイ」作りに挑戦していた。
挽肉、タマネギ、シメジを炒め、カボチャを電子レンジで温めておいたものを
パイシートで包んで、オーブンで焼いたもの。
20103101


夕方、彼女はお面を自ら作り、友達の家を何件も訪れたらしい。
もちろん、おこりんぼさんもお菓子を用意しておいて、友達を出迎えた。

ハロウィンの知名度が上がったとはいえ、実際にお菓子を用意してくれる家があるのだろうかと
ワタシは心配をしていたが、お母様方も子どもたちの「遊び心」を分かってくれていて
本当によかったと思う。


お菓子をもらって、娘は満足げ。
羽だけ娘は相変わらず、めいっぱい羽を伸ばしてしまったようだ。



今、この記事を更新している時、娘は再来週に行われる学校祭のポスターを
歌いながら製作している。

ワタシは彼女に、
20103102
いつ「えがお」って漢字は、「絵顔」ではなく「笑顔」だよと
つっこもうか迷っている。

羽だけ娘は相変わらず、めいっぱい羽を伸ばしてしまっているようだ。

↓そんな連休の朝でありました。
↓最近の子どもたちは漢字が弱い・・・うちもです・・・。
↓なんとかなりませんかぁ。

↓そんな小学校教師の家庭も、どこの家とも変わりません。
↓ま、そんなわけで応援の1クリックをいただけますでしょうか。
にほんブログ村 教育ブログへ
ども。
スポンサーサイト

テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育

09 : 07 : 24 | 子育て | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<丸くなる。 | ホーム | 現場は何をしていたのだ。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ultramarutti.blog26.fc2.com/tb.php/841-7a79d351
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |