割合を学ばせる前に。
2006 / 02 / 01 ( Wed )
今日の算数は「割合」の学習をしました。
少人数指導の「じっくりコース」で教えるので、
割合とは何か学ぶ前に、低学年の教室から、
台を持ってきました。

1つの台に、子どもが何人乗ることが出来るか試し、
台に5人まで乗れることが分かりました。
次に、2つ目の台を用意し、組み合わせて11人を乗せてみました。
この2つを「混み具合」で比較させようとしたのです。

ただ、算数ですので、「混み具合」を数で表すように働きかけました。

割合の学習で大切なのは「全体量」と「部分量」を把握させることです。今日はそこまで難しいところまでは無理だと判断したので、
「台」と「人数」で考えさせました。子どもたちの力で計算に結びつけることができないと判断したので、
「人数÷台」で計算するように話をしました。
すると、
「5人÷1台=5」と「11人÷2台=5.5」ということで、
「混み具合」を数で表すことができると教えました。

本来は割合は1~0で表すものですが、算数を苦手とする子を
相手にしたので、なるべく身近で体感できるものからはじめました。
明日は、部分量と全体量の授業を行います。

今日は苦手としている子が「分かった」と自然に言うことができて
担任としては、やや満足をしています。

↓そんなことを考えながら、今日も残業をする担任に1クリック願いま す。
にほんブログ村 教育ブログへ
スポンサーサイト

テーマ:小学校 - ジャンル:学校・教育

18 : 29 : 32 | お仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<経済格差について・・・一教師が思うこと。 | ホーム | 跳び箱にチャレンジする!!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ultramarutti.blog26.fc2.com/tb.php/81-483c8bad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |