そんな助けは要りません。
2008 / 08 / 24 ( Sun )
静岡市への出張後、おこりんぼさんと待ち合わせて、そのまま愛知の実家へ。
正月以来の里帰り。この8ヶ月間、けっこうハードだったのか、えらい長い間だった気がする。

家の周りは、どうってこともない。相変わらずの田舎。
夜の街灯が少ないので、夜は本当に真っ暗に思える。
おこりんぼさんは、「これは外出できない。襲われそう」というほど。
それでも、高校生の時は無灯火で自転車を走らせていたのにね。
なんて人間って贅沢に環境に適応していくのだろうか。

家では兄貴や父親、母親とたわいのない話をする。
子供たちは姪や甥たちと夜中まで遊べる貴重な時間。
姪たちは父親たちの寝る部屋を占領。
普段、「エンタの神様」なんて見れない羽だけ娘。
思う存分夜更かしができたのだろう。

そんな実家だが、もう明日の早朝には静岡に戻る。
一抹の寂しさもあるのだが、実家とはやはりこんなものだとも思う。
昨夏は戻りもしなかった。


ご存知の方も多いとは思うが、ワタシのブログによくコメントくださる「ウルトラのママ」さんは、
やはり実の母親。富士山登山も、家庭での出来事もすべてお見通しの方だ。
この前は、同業者の「ふくださん」のブログにもコメントを入れてあるのを見つけ、驚いてしまった。
ワタシよりパソコンを自由自在に扱える母親。

気がついたら、ブログの存在が家族中に知れ渡っている。
パソコンに疎いはずの兄まで、知っているのは参った。
もう一人東京にも兄夫婦がいるのだが、きっと承知の助だろう。


会話の中で母親が出すコメントについて兄がいう。
「なんだよ、ウルトラのママってさぁ・・・。」
おしゃべりな兄はさらにつづけて・・・
「じゃ、俺はゾフィーって打つわ。」

要りません。
ま、ワタシがゼットンにやられそうだったら、またはバードンに倒されそうになったら、でいいです。




そんな帰郷でありましたが、日曜日には用事があり、すぐに戻ります。
帰郷とは、そんなものであるのかもしれません。


ただ、「ウルトラのパパ」になる親父だけが、
「お前、ゴルフとかやらんのか。
 パソコンの前で、その・・・
 プロオグ?っての一人でやっているんだって?」

その言葉を聞いて、ちょっと安心する小学校教師でありました。

では、大雨の中、東名を走っていきます。

↓そんな愛知の人たちの様子に1クリックかなぁ。
にほんブログ村 教育ブログへ


スポンサーサイト

テーマ:教師の休日 - ジャンル:学校・教育

02 : 20 : 08 | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<音読上手になるには。 | ホーム | これなら自信があります。>>
コメント
--初めまして!--

私は今年、愛知県の教員採用試験を受験しました。明日から、臨時的任用で小学校に勤務します。前任者が、ごたごたで辞めてしまった、後なので、とても気が重いです。
よろしく、お願いします。
by: はしくん * 2008/08/24 20:59 * URL [ 編集] | page top↑
----

コメントありがとうございます。
愛知の方ですか。
きっと今年の夏は暑かったようですね。

ごたごたで・・・大変だとは思いますが、
悩んだら負けです。

どうぞ、忙しさに負けずに、この仕事を
楽しんで下さい。では。
by: うるとらまる * 2008/08/25 14:18 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ultramarutti.blog26.fc2.com/tb.php/788-2af48462
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |