スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
我が家の宿題24時。
2008 / 08 / 21 ( Thu )
今日の夕方、子どもたちは意気揚々と新幹線に乗り込んでいった。
愛知の実家へと一足先にお出かけ。
嬉しいのは分かる。だからといって、先頭車両に乗ることはない。
その方がむしろ、遅れるのではないか・・・?


オリンピックも佳境。おこりんぼさんと2人で飲みながら、テレビ観戦。
どうして、オリンピックになると、普段気にしないようなスポーツまで見てしまうのだろう。
もちろん、ソフト・上野投手の力投、そして金メダルは見事。
きっと、北京五輪で一番印象に残る選手になるのではないか。まさに漫画のような連投。


普段の年は高校野球が終わると・・・だが、今年はオリンピックが終わると・・・かな。
どの家庭もそうだと思うが、子どもたちの夏休みの宿題の進度が気になり始める。
(24時間テレビもそうなんだけど、今年は8月30・31日だから除外)

うちの子たちは、どちらも少々難あり。
2人の違いが表れているのも面白い。

羽だけ娘は、宿題ドリルは「毎日1ページ!」と言い張り続けている。
でも、家族で出かけたりした日の分とかの「損失補填」をしていない。
親としては、彼女が夏休みの残り日数を計算できているか気になっている。

彼女は気が付いたら絵を描いたり、工作に取り組んだりと想像力を爆発させている。
特に絵。読書感想画、夏休みの思い出、未来の絵、そしてポイ捨てタバコ拾いのまとめなど、
気が付いたら絵の具を持ち出して、描いている。
しかし、どの作品もまだ塗り終わっていない・・・。
それが最も、彼女の性格を表しており、ワタシを悩ませる。


トウヘンボク君は宿題ドリルを終えてしまった。
また進研ゼミの「チャレンジ」も今月分を終え、来月分を開き始めた。
(ちなみに、姉は今月号を取り組み始めてまだ数日・・・)
ただ、彼は表現することが苦手。絵の宿題をまるで選択せず、
読書感想文だけ取り組んできた。

が、この読書感想文に泣かされた。

本は幼稚園の頃からたくさん読んでいる。
でも、「読んでどうだった」と自分の思いをなかなか言うことが苦手。
そんな彼は、今日まで5日近くずっと原稿用紙を前にしていた。
まるで、ドラマでよくある小説家がホテルで缶詰になっているような、
または締め切り直前なのに原稿が仕上がらない漫画家のようなシーン。

彼の気が散らないように、テレビを消したり、音を立てないようにしたり・・・
話しかけないようにしたり・・・と、沈黙の時間が続いた。


今日の朝、ようやく書き終えた読書感想文。
本人は「これで愛知に行ける!」と喜んでいたが、
親としてはかなり疲れた。教師ではあるが、夏休みの宿題はなくなればいいと叫びたくなる。

途中、かなり息子と険悪になった時もあったし・・・。



ま、そんなわけで、今日は久しぶりに子どもたちから「解放」された夜。
もちろん、宿題が完全に終わったわけではないので、来週もまた戦いの時間があるのだろう。
親として、なるべく教師の顔がでないように、子どもたちと付き合おうと思います。
(かなりガマンしているんだけど・・・。)


↓そんな親に、どうぞねぎらいの1クリックを。
にほんブログ村 教育ブログへ





スポンサーサイト

テーマ:教師の休日 - ジャンル:学校・教育

23 : 34 : 10 | 子育て | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<これなら自信があります。 | ホーム | 子どもの顔が目に浮かぶ。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ultramarutti.blog26.fc2.com/tb.php/785-a7dc8495
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。