こんなこと思ってはいけないのだろうけど。
2008 / 07 / 25 ( Fri )
こんばんは。

毎年の事ながら、2学期制を敷いているうちの学校では、夏休み直前に通知票を作成しなかったので、
なんとなく「夏休みがキター!」って気分にはなれません。
ただ、子どもがいない教室は異様なほど静かで、自然と夏休みが来たことを感じさせてくれました。

そんな教室で行ったのは、保護者との個別面談。
暑い日差しの中、丸一日、ほぼ教室の中で子どもについての話題を続けました。
途中、かなりばてそうになりましたが、なんとか持ちこたえることができました。
面談は明日も。クラスの半数の親御さんとお話です。
わはは。夜中に記事書いている場合ではないのですが。


ただ、ワタシとしては気になるニュースがありました。
こんなことを書くのは現役教師として不謹慎なのは承知で今感じていることを書きます。
それは、大分県の採用疑惑で、不正に採用されたとされる女性教諭が辞職したということ。
彼女と同じ年の「若造」の様子から見て、この方は若造と同じように、この4ヶ月間一生懸命に、
教師の仕事を覚えよう、子どもたちとの生活に慣れよう、他のクラスに遅れないようと、
仕事をなさっていたとワタシは思うんです。

この方の「教師として生きるんだ」という思いを、「あなたは不正に採用されたから」と責め、
挫くことなんて、ワタシは残酷なことだと感じました。

どうでしょう。

正しくないことかもしれませんが、彼女もワタシと同じ人であるはず。
若い思いを、大事にしてあげるべきだったのではないか・・・と、一教員は思います。

にほんブログ村 教育ブログへ


スポンサーサイト

テーマ:教育問題について考える - ジャンル:学校・教育

00 : 36 : 09 | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<摂氏35度の3日間(前編) | ホーム | 夏空の下で。>>
コメント
--お疲れ様です--

面談、お疲れ様です。
保護者の方と担任と子供を健やかに育てて生きたいという思いは同じだけれども
やはり気を遣っての会話になりますね。
ホントにお疲れ様です。

大分の問題、いろいろ考えさせられますね。

うちは、夫婦で教員をしていますが、4年生、2年生のわが子たちは、教員になりたいとは全く言いません。
by: みーやママ * 2008/07/26 07:56 * URL [ 編集] | page top↑
--同感です--

初めまして。

現場の教員が責任をとらなければならなかったのですかね・・・。しかも辞職・・・。
 
とてもつらい事件です。
by: 太郎 * 2008/07/27 22:09 * URL [ 編集] | page top↑
--自分の預かり知らないことでも…--

横レスで失礼します。
辞められた先生に対して、お気の毒と思う気持ちを抑えることはできませんが、
でも、この方は、自分の教え子に対して
「たとえ、自分自身が関知していなかったことでも、責任をとる」という姿勢…
不正は許しちゃイケないんだよという厳しさを
教えてくださったのかもしれないとも思います。
by: K&R * 2008/07/28 12:06 * URL [ 編集] | page top↑
----

久しぶりにコメントします。

潔いといえば、とてもきれいなんですが、
ワタシとしては複雑な思いです。

by: うるとらまる * 2008/07/28 20:04 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ultramarutti.blog26.fc2.com/tb.php/759-d6940cf5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |