正しいカキコミを。
2008 / 07 / 15 ( Tue )
県の教育長から、県内の学校にむけてインターネットの使い方についての文書が届く。

「正しいカキコミを。」とのこと。


この文章を見て、インターネット社会とは隔絶された教室で、こう思った。

「正しいカキコミ」・・・。

20071501


今の教室ではこれがカキコミだ。
正しく変換すると「書き込み」。
物語文を読み、自分が大事だと思うところに、線を引き、
その傍らに思いを書く。

この前の研修で話題になった。
物語文を言葉に着目させて読ませる手立てとして有効だろうか。


とにかく試してみる。


子どもたちに教科書を丸写しにしたプリントを配り、書き込みをさせる。
そして、話を聞きながら黒板に同様に記録していく。

一時間で、けっこう黒板は真っ黒?
子どもたちは確かに、言葉に注目する。


なかなかのカキコミであると思っている。


そんな私の仕事であります。

にほんブログ村 教育ブログへ
スポンサーサイト

テーマ:教師のお仕事 - ジャンル:学校・教育

17 : 13 : 51 | お仕事 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<夏休み直前の違和感。 | ホーム | くたくたです。>>
コメント
----

真剣に学んでいる黒板は。美しいですね。

どうせここまで、言葉に注目するなら。もっと細かく切って、一つ一つに注目させてみたらどうだろう?

2行目「でも」はなんだかおかしい使われ方です。Aです。でもBが本当なのです。と使われることが多いから、後にくることが大事になるはずなのですが...それも、2回も「でも」が繰り返されている...

3行目「なんて」=軽んじて扱われている。だから、だれが、だれに、どうして軽んじられているのだろう?

6行目「聞こえない」いっているのに聞こえないのか、言っていないから聞こえないのか?言っていないなら、聞こえないのは当たり前だし、言っているのに聞こえないとしたら、何か理由でもあるのではないかしら...

なんて.....

子供たちは、分かったつもりでよんでいるけれど、その分かったつもりをぐらぐらさせてあげると、当たり障りのないことばだけでなく、する問い言葉も出てくるのではないのかなあ。


by: totoro * 2008/07/15 23:12 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ultramarutti.blog26.fc2.com/tb.php/755-ecac47b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |