小さいのに、立派なモノをお持ちなのね。
2008 / 05 / 27 ( Tue )
「先生、生まれてる」

4月に四国から転入してきた子は観察の鬼。
授業中でも、ずっと虫を観察し続けている。
まぁ、ワタシはそんな彼の様子をある意味リスペクトしているが。

そんな彼が今朝真っ先に発見したのは、カマキリの赤ちゃん。

「カマキリは不完全変態だから、赤ちゃんでもカマキリや」

彼の愛読書は図鑑。
ワタシより知識量は豊富。
この頃の子どもたちは、好きになったものは徹底的に好きになる。
○○博士が生まれるのは、きっと小学校3年生の時に違いない。


「じゃ、今日の理科はカマキリの観察ね。」と彼に提案。

彼とともに飼育ケースにわんさかと生まれたカマキリを1匹ずつビーカーにいれ、
どの子も観察しやすいようにする。

200527

気がついたら、ワタシの腕によじのぼる。

あぁ、やはりナマがいいです。子どもが生き生きとします。

このカマキリ、詳しく見ると面白い。
足の先にはギザギザがある。
ガラスのビーカーの中で逆さに逆さにされても、落ちない。
鎌も立派。猫のように舌なめずりもする。まさに狩人の習性。

「日本刀に血がついていると切りにくいやろ。
 カマキリも同じだ。」と彼は言う。
その彼に敬服。


3年生の担任でなければ、ここまで詳しく見ることはないだろう。
子どもとともに発見しながら見る理科は本当に楽しい。

⇒そんなワタシの一日でありました。今日も明日もがんばります。

にほんブログ村 教育ブログへ



スポンサーサイト

テーマ:たのしい学校の活動のようす - ジャンル:学校・教育

18 : 37 : 20 | お仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<負けてもいいって時は。 | ホーム | 陸上って、すごいスポーツなんですね。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ultramarutti.blog26.fc2.com/tb.php/734-cabaf81a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |