若造・・・。
2008 / 04 / 07 ( Mon )
平成20年度オープン!!

今年度は3年生。そう、持ち上がりです。
教員生活初めての持ち上がりを経験いたしました。

担任発表の時には例年以上にドキドキしましたね。
だって、子供たちはワタシのことを熟知しているのですから。
「え~!?」なんて、ブーイング起きたら、きっとワタシ、凹みましたよ。


そんな思いをもちながら、担任の発表を迎え、

「やった!やった!」

と喜ぶ子どもたち。あぁ、救われました。
また、あなたたちとともに楽しむことができる幸せを味わいましょうや。




といいながら、夕方から学級事務に追われております。
いや、事務というより、教室の引っ越し。荷物を新しい教室に移動しました。
ホント春休みから、引っ越しだらけであります。

その後、若造の面倒をみる。

正直言うと、きっと若造は何もわかっていないと思う。
なんとなく学生感覚が抜けない。そうだろう、先月までは「先生」ではなかったのだし、
前にも書いたのだが、教員という仕事は1年目であっても責任は中堅やベテランと変わらないぐらい重い。

だから、彼のために学級開きの仕方や「黄金の3日間」を指導。
当番の作り方や朝の会や帰りの会の方法を教える。
もちろん、ワタシの真似はできるわけがないし、そうなってもらいたくもない。
ワタシは教員としては「普通」ではないところがあるので。

午後7時30分。職員室は若い教員たちが残っている。
正直、ワタシには家庭があるので、あんまり残るのは気が引けるのだが、
まだまだ若造の指導が必要なのだろう。

「週案できてるの?」と教務に呼ばれ、さらに指導を受けている若造。

ま、ワタシの仕事は彼の先を行こうと思う。

ワタシや姉御さんのあとを彼が着いてくればいいんじゃないのかな。
(あ、姉御さんも「持ち上がり」でありました)


そんな小学校教員の開幕戦でありました。
まだまだ更新が滞っておりますが、ぼちぼちとがんばっていきたいと思います。
応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 教育ブログへ
スポンサーサイト

テーマ:教師のお仕事 - ジャンル:学校・教育

19 : 36 : 21 | お仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ただひたすらに、ひたすらに。 | ホーム | 「来賓」になる。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ultramarutti.blog26.fc2.com/tb.php/718-e0b2af43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |