スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
タガタメ。
2008 / 02 / 14 ( Thu )
こんばんは。少しずつ年度末の仕事がはじまりました。
事務仕事が山のようになる前に少しでも片づけていきたいと思います。


ちょっと時間が空いたので、北海道旅行のお話を。


初めて降り立った空港が新千歳ではなく、旭川にしたのは
「旭山動物園」に行こうと思ったからでした。
やはり、日本一の集客力を誇る動物園でしたので、
見ておきたいと思ったのです。


冬の開園時刻は午前10時半、平日だったのですが、旭川雪祭りなど
北海道全体がお祭りシーズンだったので、開園前からお客さんがわんさか。
結局、開園時刻が10分早まりました。

案内通りに、ペンギンの散歩を見ました。
幼稚園児より遅くペンギンは歩きます。

その姿はとてもかわいいものでした。

asahiyamazoo


それから、話題の「行動展示」を見ようと、シロクマ館に。
さすが、北海道。ホッキョクグマの元気だったこと。



でも、相変わらずの人だかり。



途中で「なんだかおかしいなぁ」と違和感を感じました。
動物園はゆっくりと動物を眺める場所ではないだろうか。
日本一の動物園なんだけど、「前へ進んでくださ~い。」と係員さんから言われるところで
いいのだろうか、本当に・・・という思いが強くなってきたんです。

その思いがハッキリしたのは、小さな子が泣きながら言った言葉でした。

「ぼくには動物が見えない。」


しまった。
動物園の楽しみを、子どもから奪っていいのだろうかと思いました。



もちろん旭山動物園が素晴らしい動物園であることは間違いありません。
結論を言うと、この「行動展示」が他の動物園に広がることができればいいのです。

オランウータンの子どもが縄で遊んでいました。
体を大きく揺すって、見ているワタシの方に飛んできそうでありました。
他の動物園では、こんなに活動的な姿は確かに見られそうもないです。


でも、ワタシの心は最後まで、あの小さい子の言葉が突き刺さっていました。
動物園は誰のために、タガタメにあるのでしょう。


きっと、旭山動物園さんも話題になり過ぎて、新たな問題が生じているのだろうと
ワタシは思いました。



いかがなもんでしょう。



↓そんなワタシの北海道旅行記です。これでようやく半分です。
↓ぼちぼちと続けさせてください。
にほんブログ村 教育ブログへ

もちろん、仕事ブログもできるだけ書きます。





スポンサーサイト

テーマ:教師の休日 - ジャンル:学校・教育

18 : 58 : 16 | 北海道旅行記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<指導要領の改訂ですか。熟読せんと。 | ホーム | お詫びメール。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ultramarutti.blog26.fc2.com/tb.php/690-a2c8ad47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。