スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
わたくし本日未熟者。
2007 / 11 / 24 ( Sat )
愛知の実家にて。ワタシの母なる山を写す。

大学に入る時にこの家を出たわけだから、もう16年も離れているわけだ。
時は移れど、この山の姿だけは変わらない。

17112401


ふと気がつくと、今年は盆には戻ってこなかった。11ヶ月ぶりの帰郷。

何年かぶりに会った隣のおばさんや幼なじみ。
当たり前過ぎるが、ともに年を食った。

ワタシには兄が2人いて、下の兄貴は東京で暮らしている。
親戚にも「あなたは、真ん中の子でしたっけ、一番下でしたっけ?」と言われるようになったのに、
おばさんはワタシを見て、すぐ名前を呼んでくれた。
「遠くの親戚より近くの隣人」とは、こんなことを言うのかもしれない。


静岡に戻る日の昼食。外食をすることにした。
愛知のじいさんばあちゃんは、いつも旨いものを喰わせてくれると疑わないうちの子たち。
母親の車に、うちの家族と姪っ子を2人と乗り、寿司屋に行くことになった。

母親が向かったのは、回転寿司屋。ちなみに1皿100円の店ではない。
皿の色ごとに値段が変わる店だった。

あぁ、まずいなぁと思った。

羽だけ娘は寿司が大好物。
「何が食べたい?」と聞くと必ず「お寿司!」と答えるので、ここ数年彼女にこの質問はしていない。
で、トウヘンボクは、だ。
「お昼のために、おなかを空かせておく!」と朝ご飯を少なくしておりやがる。

そんな子どもたちなので、ワタシたち夫婦が連れて行くのはきまって「カッパ」。


ぐるぐる回ってくるお寿司。
テーブルに娘と小6になる姪っ子と座る。
娘は調子よく寿司を食べていく。普段の彼女のペースだ。
まだ子どもに遠慮を求めるつもりはないが、よく食べる。次第に皿の彩りも鮮やかになる。
一方、姪っ子はあまり食べないタイプで、値段200円の赤いお皿が2、3枚テーブルに乗っているだけ。

調子のよい息子は、店員さんに「○○が欲しい!」と何度も声をかけている。
人見知りの激しい姪っ子たちは、そんなことが苦手だ。

気がついたら、うちの子どもたちだけで20皿近くも食べている。
もちろん、500円の金色の皿も混じっておりました。


そんな子どもたちの様子を見ながら、ワタシは悩んでしまう。

いつまで親に甘えているだろう。すでに母も還暦。
本来なら、母親の分までワタシが金を出すべきではないか。


そんな思いをしていたら、ワタシの食はすすまない。
200円皿だけを何枚も食べてしまう。

あぁ、なんというか。
ワタシはまだまだ未熟者。

いつまで甘えていくのだろうか。


それでも、いつか親に寿司ぐらいはおごってやりたいものだけど、
自分がその領域にたどり着くためには、あとどれくらいかかるのか。

ああ、ワタクシ本日未熟者。


にほんブログ村 教育ブログへ















スポンサーサイト

テーマ:教師の休日 - ジャンル:学校・教育

19 : 59 : 34 | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<授業のネタは足で稼げ。 | ホーム | いつかまた、この場所で。>>
コメント
--私の場合は--

 私もうちの親に寿司屋でご馳走してもらうことがあります。うちは3人の子どもでさらにものすごく食べるので、私と妻も入れると100皿も食べることがあります。
 でも、すんなりご馳走してもらいます。最初は悪いと思ったけれど、今私は実家に入っているからこんな脳天気なのでしょうか。
 間違っているかもしれませんが、親に甘えるのも親孝行だと思う今日この頃です。
by: ふくだ * 2007/11/24 20:20 * URL [ 編集] | page top↑
----

ふくださん、コメントありがとうございました。

100皿ですかぁ。
「カッパ」でなければ、涙が出そうです。

なんというか、ワタシ貧乏性なので、
お金を使うことに抵抗があるのかもしれません。

お金を使うことでスッキリできるといいんですけど。

では。
by: うるとらまる * 2007/11/25 21:51 * URL [ 編集] | page top↑
--うーーん・・・--

ふくだ様のおっしゃる様に、甘えるのも孝行のうちだとは思います。
でも姪御さん達とあまり金額が開きすぎるのも、複雑ですよね。
今回は11ヶ月ぶりのおねだりだったという事で、許してもらいましょう~。

ちなみに先日、某回転寿司に(カッパと同じ様な料金設定)子供3人と行った私。
母子四人で50皿越え(末っ子はまだ年中さん)で、会計の時冷や汗をかきました。v-12
by: ふぁいと * 2007/11/28 15:01 * URL [ 編集] | page top↑
--ありがとう--

皆さんに気を使っていただいてありがとうございます。
親はしてあげるのが嬉しいのです。
甘えれる時には、しっかり遠慮せずに甘えてください。
by: ウルトラのママ * 2007/11/28 18:23 * URL [ 編集] | page top↑
--筒抜けだああああああ!!!!--

ウルトラのママ様、その節はお世話になりました。
いつも夜な夜なの出現であいすいません。
もうちょっと早く着ける予定だったのですが…。
次回はもう少し準備を早くに済ませて。うるとらまるが帰り次第出られるようにします。
by: おこりんぼ * 2007/11/28 19:22 * URL [ 編集] | page top↑
----

みなさまコメントありがとうございます。

ついにワタシの母親登場ですか。
ヨメといい、なんてブログなんだが。


というわけで、ウルトラのママさん。


いつか、寿司ぐらいおごってやる。


だからカゼひくな。
by: うるとらまる * 2007/12/03 22:10 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ultramarutti.blog26.fc2.com/tb.php/624-a7790421
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。