かくしてメイン・イベントは開始された。
2007 / 10 / 16 ( Tue )
こんばんは。

今日の国語で、物語の登場人物をテキストから抜き書きさせようと、
「このお話に出てくる動物はなんですか?」と聞いたら、
ワタシは「くま・かたつむり・かに」と簡単に答えが出ると思っていたのに、
子どもたちは難しそうな顔。

聞くと、「かたつむり」と「かに」は動物ではないそうです。
じゃ、なんの仲間なのかと聞き返すと、子どもたちは

「かたつむり? 昆虫じゃん。」

とのこと。まぁ、これが低学年の雰囲気ですね。
思わず大笑いしてしまいました。


さて、本題。
いよいよ、2年生の算数のメイン・イベントといえる「かけ算」の学習に入りました。

子どもたちは九九の暗記に気が行っているようで、
「○の段の九九が言えるよ」などと事前に学習している様子がよく分かりました。

でも、まずは九九が言えることより、かけ算とは何か、式の意味を理解できなければ、
自分の力で未来を切りひらくことはできません。
そこで、黒板にこんな掛け図を貼りました。

07101504


ここで、リンゴの数とオレンジの数の出し方の違いについて考えました。

07101503


子どもたちに意識させたかったのは、「同じ数ずつ」ということです。


07101502


授業の最後には、かけ算の基本、「(1つのさらに)○個ずつのものが、○さら分あるから、全部で○こある」という文作りを行いました。

07101501


ま、子どもたちにとっては、早く九九にチャレンジしたいとは思いますが、
計算の意味をかんがえてこそ思考力は育つはずです。
残り2ヶ月、お正月までは「かけ算」三昧の2年生の算数ですから、気長にかつ丁寧に教えていこうと思っております。


という真面目な、ごく普通の小学校教師の1日でした。
そんな直球勝負の現職教員ブログにどうぞ応援の1クリックを。
にほんブログ村 教育ブログへでは。
スポンサーサイト

テーマ:教師のお仕事 - ジャンル:学校・教育

00 : 43 : 45 | お仕事 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<かけ算とウサギの耳。 | ホーム | 少年たちよ、足腰を鍛えなさい。>>
コメント
--ありがとうございました--

 コメントいただきありがとうございました。
 とりあえずがんばることに決めました。
「気長にかつ丁寧に教える」ことって大切だけど難しいですね。
 がんばってください。
 私も気長にがんばります。
by: ふくだ * 2007/10/16 22:22 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ultramarutti.blog26.fc2.com/tb.php/594-1e17bbde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |