スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
「信頼」という名の下に。
2007 / 10 / 06 ( Sat )
2学期制のうちの学校は今日が終業式。
静岡県の多くの学校は2学期制を施行している。

でも、朝、いつもと違いネクタイをして出かけていくワタシに、
おこりんぼさんは「どうしたの?」と問いかけた。

そうだろうな。
やはり3学期制の方が、やはりメリハリはつく。

おこりんぼさんは、それまで、子どもたちの通信簿が渡されるのが
今日であることをすっかり忘れていたようだ。
ダンナが今まで通信簿作成の仕事をしていたのにもかかわらず。



終業式が終わった後、教室で子どもたちに通信簿を渡す。
その渡し方は各先生によって違うのだろうが、
ワタシは通信簿をシャッフルし、ランダムに子どもを呼んでいく。

そして、渡す時に必ず、その子のがんばったこと、よいところを
他の子どもたちに紹介するようにしている。

ワタシも子どもたちの成績をつけた。
その中で、力が目標に到達していない子には「がんばりましょう」の○を
つけなければいけないのがワタシの仕事。

それでも、どんな子でもよさや光輝く瞬間があるはずなので、
できるだけ多くの子に1人1人のよさを紹介したいと思っているからだ。


「○○さんは学校祭の時に海賊ロボット係のリーダーをがんばったね。
 思い切り演技していたので、みんな喜んでいたよ。」
「あなたは漢字の練習をがんばっていたね。漢字テストだけでなく、
 いろいろな勉強で習った漢字を使って文を書いていたね。」
など、子どもたちのよさを紹介しながら、通信簿を渡す時間は過ぎていった。



そして、支援員のパワフルさんを子どもたちの前に呼ぶ。
ここで、低学年支援員の担当学年を交代するからだ。

思わず言葉がつまるパワフルさん。

女の子が泣き出してしまい、彼女も感極まってしまった。
いつも迷惑をかけている男の子は、彼女におぶさって離れなかった。
いつも着替えが遅くて彼女の手間をかけさせる男の子は、
気を引きたいのか机の下に潜り込んで、自分の存在をアピールしていた。

涙の連鎖。

教室の後ろからこの様子を見ていて、あぁいい景色を見ていると思った。
それだけ彼女が子どもたちを大事に見て下さったのだろうと思った。


彼女が教室を去る時、子どもたちはハイタッチをするために列を作った。
その列は教室から廊下へ。
そして、子どもたちは何度もタッチがしたくて、列の最後尾に再びまわり、
気がついたら支援員さんたちの控え室までつながっていた。


思わず、目頭が熱くなった。




夜、運動会の打ち上げを兼ねたお疲れ様会が開かれた。

校長が言う「最高の運動会でした」。


自分でも思う。今のうちの学校の雰囲気はとてもいい。
ひとりひとりの教師が持てる力を出し合って学校を動かしている。

あぁ、こんな学校にいる子どもたちも幸せではないか。

酔っていたからかもしれないが、そんな人たちが楽しく飲みながら
話し合う景色を「幸せな空間」と思いながら、ワタシは見ていた。



↓とりとめのない文章申し訳ありません。
↓さすがに疲れたので校閲とかしません。
↓それでも、確かにうちの学校はいい学校であると思いました。
↓そんな小学校教師の1日でした。どうぞ、これからもごひいきに。
にほんブログ村 教育ブログへ









スポンサーサイト
00 : 02 : 45 | お仕事 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<生活科は子どもの経験値を上げていく。 | ホーム | それって、虫の声?>>
コメント
----

e-278前期、ご苦労様でしたe-278
良い涙を流せる素敵な子供達ですね。今の時代、自分の感情をなかなか表に出さない子が多い中、素晴らしいと思いました。
パワフルさんの涙、子供達は一生忘れないでしょうねe-398
by: じぇい * 2007/10/08 10:33 * URL [ 編集] | page top↑
----

コメントありがとうございます。

飲み会の時にこの話をしたら、
「君は泣かなかったの?」と先輩教員から。

「いいえ、ワタシが泣くのはまだまだ半年後よん」

と答えましたが、
その時、子どもたちの反応がなかったら、
それこそワタシ泣きそうになります。

というわけで、明日から後期の授業を
がんばりたいと思います。

では。
by: うるとらまる * 2007/10/08 18:55 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ultramarutti.blog26.fc2.com/tb.php/586-3d866ae7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。