スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
生半可な「がんばった」ではいけない。
2007 / 09 / 27 ( Thu )
明日はうちの学年に運動会練習の割り当てがない。
だから、今日が運動会前の最終練習日。

最後に、学年に任された競技の入退場の確認をする。

そして、学級対抗競技の練習をした。
運動会前、最後の練習試合である。


結果はなんとビリッケツ。
ミスばかりしてしまい、最初の練習以来の最下位だった。


「目標は2位以内」「がんばったからいい。今日は練習だから。」
そんな子どもたちに。


ついに、ワタシはカミナリを落とした。


低学年を担任してから、見せてなかったカミナリ。
半年ぶりのカミナリを運動場に響かせてしまった。



勝ち負けにこだわっているのではない。

一番大事なのは結果より過程だ。
だから、子どもたちを許せなかった。

きっと、うちのクラスの「がんばった」より、
他のクラスの「がんばった」方が上回ったのだ。
なんの理由もいらない。ただそれだけだ。


教室で子どもたちに考えさせた。

「残り2日、休み時間はみんな練習の時間にする」

それが彼らの結論。
だから、中休みも昼休みも、運動場に出て練習に明け暮れた。




ワタシが今の学校に始めてきた時、運動会前日といえど、
学級対抗種目の練習を休み時間にする学級はどこもなかった。
サッカーを平気でしていた高学年。
そのボールをよけながら、ワタシはクラスに練習をさせていた。

それから5年後。
今のウチの学校の休み時間は、運動会に向けての練習ばかり。

朝礼台に座りながら、この変容に驚いていた。
学校の雰囲気は確かに変わっている。

「何をそこまで…」と思う方もいらっしゃるかもしれない。
でも、ワタシは小学校のうちには、一生懸命にがんばる経験を
たくさんさせた方がいいと思っている。

「がんばってます」と声に出して言うことが気恥ずかしくなった時代だからこそ、必要なんだと思う。
目標を立てて、それに向かって取り組む強さこそ、明日をひらく原動力ではないか。



今日も静岡は晴天。風は涼しくなったが、まだ暑い。
昼休み、砂だらけのグランドで子どもたちは必死になって練習をしている。

ゲキをとばすワタシ。
失敗をした友達を励ます子どもの声。


生半可な「がんばった」では子どもは育たない。


できるだけ。
あと1日だけ。

子どもたちと練習に浸りたいとワタシは思う。


昼休みの終わりとともに、運動場に水が巻かれた。
散水機の水に飛びつくように向かう子どもたち。

07092702


なんだかいい風景だと思い、じっと子どもたちをワタシは見ていた。


↓そんな小学校教師の昼休みでした。
↓がんばります。運動会もブログも。
↓だから、応援をよろしくお願いします。感謝。
にほんブログ村 教育ブログへ
スポンサーサイト
20 : 24 : 08 | お仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<さぁ、運動会。 | ホーム | サメ、出現する。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ultramarutti.blog26.fc2.com/tb.php/579-af8594ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。