スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
やるじゃないの、息子よ。
2007 / 08 / 20 ( Mon )
おこりんぼさんが一年ぶりに髪を切ってきた。

頭が軽くなったと思わずはね回る彼女。
「ほらほら髪がこんだけ~」
「こんだけ~」と喜んでいる。

そんな彼女の振る舞いや言葉から、最近の流行を知る
小学校教師うるとらまるです。こんばんは。


さて、そんなおこりんぼさんに、最近言われることがある。

「あなた、多人数相手の指導は得意なのかもしれないけれど、
 1対1ではそうではないと思う。むしろ下手」


 何を!? と思うワタシ

彼女曰く、子どもたちの宿題の面倒を見ているワタシが、
子どもたちに指示を出しすぎているみたいだ。
もっと、子どもにまかせればいいという。

 そうかそうか、だったら、子どもの自由にさせてみますよと
 少々スネるワタシ。
 「教えたい」という衝動に駆られてきたら、
 そろそろ教員の夏休みは終わり。

トウヘンボク君が挑戦している工作に手を出すのは止め、
「ほっておく」ことにした。何か彼が困ったら手を貸してやる
そんな姿勢。

彼が挑戦しているのは、タミヤ模型のロボット工作シリーズ。
小学2年生にしては難しいキットだとワタシは思っていた。

黙々と作業に取り組む彼、2時間ぐらいにしてワタシの元に来た。

 07082001

↑ここにアームがつくのだが、上手にアームが動かないらしい。

ほうほうと思った。
なかなかやるではないか。

ようやく説明書とにらめっこをしながら、彼が何を間違えていたか
チェックを入れることにする。

しばらくして原因が分かった。
彼はモーターボックスを前後逆に設置していた。
彼が間違えていたのはその1点だった。

その後、アームがスムーズに動くように調整はしたが、
彼は自分の力でキットを完成させることができた。

07082002


ワタシの小学2年生はどうだっただろう。
おぼえていることがある。
ガンダムのプラモを組み立てていても、
右足と左足を反対にしてしまい、
内股のモビルスーツにしたことがある。
とにかく、上手に作れず、兄貴たちにダメ出しを喰らっていた。

でもよく考えたら、トウヘンボク君はこの前のWAZAフェスタで、
1人で発光ダイオードの基盤にハンダ付けをしていた奴だ。
試行錯誤しながらも、なんだかんだキットを組み上げる力は
つけてきているのかもしれない。


羽だけ娘も、トウヘンボク君も確実に成長しているということか。

父親の出番はいつなのか、
教師の仕事でいう「出のタイミング」を親子関係でも
見直していく必要がありそうだ。

↓もちろん、現時点での彼の机の上は、ロボット、読書感想文、
↓鉛筆、ワークなど散乱しています。
↓そのへんも成長してくれるといいなと思いますが。。。
↓まだまだかなぁ。

↓そんな24時間テレビでの欽ちゃんの「ソフトタッチ」に感動し、
↓9月からの学級にも取り入れようと思う小学校教師に
↓励ましの1クリックをお願いします。
↓そうです。ソフトタッチで。
にほんブログ村 教育ブログへ
では。


スポンサーサイト

テーマ:子供の教育 - ジャンル:学校・教育

19 : 57 : 55 | 子育て | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<息子よ、前言を撤回する。 | ホーム | そうか、長距離走るとハイになるのね。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ultramarutti.blog26.fc2.com/tb.php/548-f4185911
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。