図工室改造計画。
2007 / 07 / 05 ( Thu )
「今日の図工は、図工室を改造します。」



言葉の意味をつかめない子どもたち。

そんなこともお構いなく、ワタシは子どもたちを図工室に連れて行く。

用意させたのは、新聞紙とセロテープ。


別に難しいことはしない。
新聞紙を貼り合わせてつなぎ、大きな何かを作ろうというのだ。
これを「造形遊び活動」という。

普段はできない経験。
子どもたちは新聞を切り裂き、
壁や天井にセロテープでくっつけ始める。

「友達の新聞とつなぎあわせていいからね。」

というと、新聞は一本の線から、さながらクモが巣を作るように
様々な方向へつなぎ合い、面白いものになっていく。


今日の天気は豪雨のあとの、晴天。温度も湿度もかなり高い。
図工室の窓は開いておいたが、子どもたちの熱気も加わり、
子どもたちは汗だく。ワタシも支援のパワフルさんも汗だくだく。
そうなっても、子どもたちは無我夢中で新聞を組み合わせていく。

070705


「造形遊び」。
1人1人が作品を作り上げるのではない。
まして意味のある作品なんか、きっと出来上がらない。
それでも、子どもたちは一時間以上この活動に夢中になっていた。
夢中になること、活動にどっぷり浸ること。
そんな子どもの様子を見ると、思わずワタシはうれしくなる。



↓というわけで、活動後に新聞紙をお片づけしたところ、
↓45リットルのポリ袋5枚分もゴミを出すことになってしまいました。
↓ま、地球には優しくないのかもしれませんが、
↓子どもたちが成長することも大事なので、今回はご容赦を。

↓明日が研究授業でもあるにもかかわらず、ブログの更新をする。
↓そんなプレッシャーから逃げようとする小学校教員に
↓叱咤激励の1クリックを今日もお願い致します。
にほんブログ村 教育ブログへ
スポンサーサイト
23 : 04 : 11 | お仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<授業とは、まさにライブだ。 | ホーム | いわば司令塔。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ultramarutti.blog26.fc2.com/tb.php/508-3d3d066d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |