どうしても言えなかった。
2007 / 06 / 15 ( Fri )
金曜日の夜、組合の総会が行われた。

執行部の方々は、普段から勤務状況改善のために
がんばっていただいている人たちだから、感謝せねば。
教師の仕事+組合の仕事だから、なおさらそう思う。

この総会で、私には出番があった。

私に回ってきた役は、会計監査報告。
先月、予算が適切に使用されたか、かなりの時間をかけて
領収書や帳簿を照合して、適正であったことを皆さんに報告するわけだ。

「こんなことを話してくださればいいですよ。」と
文章はあらかじめFAXでいただいていた。

自分で何回も、その文章を読む練習をした。
演台でマイクを通して読むのだから、失敗するのはみっともない。

総会が始まっても舞台の袖で、1人練習を続ける私。

一応、大学時代は演劇部もやっていたので、
舞台で声を出すことについては緊張はしない。
しかし、文章を粛々と読まねばならぬ独特の雰囲気に呑まれ、
私の心拍数はドキドキと上がる。


「会計監査報告をしていただきます。」と司会さんの声。


自分なりに格好つけて舞台を歩く。で、一例。


ゆっくりと、声を落ち着かせて、文章を読んでいったが、
やはり「支出」という言葉を、

しゅしゅつ

になってしまった。

あぁ、そこからが総崩れ・・・・。





↓大学時代の友たちよ、私は相変わらずなのだ。
↓滑舌が悪いことは未だに直らない。
↓見かけだけは「落ち着いている」と言われるけど、
↓中身もそうなれるのはいつのことなんだか。
↓そんな私に応援の1クリックをお願い致します。
にほんブログ村 教育ブログへ

ありがとうございました。

スポンサーサイト
06 : 22 : 39 | お仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<かわいい海賊達でした。 | ホーム | ディスプレイ。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ultramarutti.blog26.fc2.com/tb.php/491-f6b802dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |