スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
上手に伝えることは難しいのだ。
2007 / 06 / 04 ( Mon )
国語で「やってごらん おもしろいよ」という活動に取り組んでいる。
グループを作り、遊び方を1年生に紹介するというものだ。

低学年の国語のキーワード。
「はじめに」「つぎに」「そして」「さいごに」
という順序よく話すことを意識させながら、
遊びの説明を作らせてきた。

いよいよ木曜日が遊び大会本番。
各グループとも完成に近づいてきた。

そこで、全員の前で各グループごとの発表会を行うことにした。
教師が任意で「1年生」役を指名した。
その子に遊び方を伝えることができたかどうかで、
自分たちの説明が適当だったのかチェックするためだ。


大人もそうかもしれないけれど、
自分が分かっているものを、
何も知らない相手に伝えることは
とても難しい。


めんこグループが一通り、遊びの説明を終えた。
1年生役の女の子は、それから何をすればよいのか分からなかった。
彼らは、めんこのルールは丁寧に教えたものの、
めんこの打ち方自体を教えていなかった。

同じようにトランプの数を超能力で当てるゲームを考えた子たちは、
言葉巧みに遊び方を説明したが、その言葉はゲームをさせる側に
立った言葉であり、ゲームを楽しむ立場に立つと何をすればいいのか
分からない言葉になっていた。


自分たちが遊び方を分かっているからこそ、
何も知らない相手に伝えることが難しいことを
子どもたちは気づかされていた。

そこで、子どもたちに上手に伝わる話し方を教えた。
ごくごく当たり前のこと。

言葉だけでは上手に伝えることができないこと。
実際に自分たちがデモンストレーションをしてみたり、
1年生を動かしながら説明してみたりしたらどうかと。


齋藤孝さんが言っていたのを思い出した。
「プレゼンテーションの能力を鍛えたければ、
 テレビショッピングを研究せよ」と。
確かに、言葉巧みに話すだけではなく、体全体を使って
モノを売り込もうとしている。


改めて、上手に伝えるということは難しいことに気づいた。
そして鍛えていく必要があるということに。


もちろん、そんなワタシもだ。

ワタシがブログを書く理由のひとつは自分の表現力の向上。
できるだけ、自分が思っていることを分かりやすく伝えられるようにと
記事を書いている。
でも、この記事を読んで、「おこりんぼ」さんは遠慮なくワタシの
記事が「分かりにくい」と突っこんでくれる。

実は、ワタシは言葉で上手に伝えることが苦手。
職員会議で話した後、いつも反省ばかりしている。
だから、せめても文章でも、
上手に伝えられるようになろうと努めている。

相手に伝えるということは、とても難しい。
でも、その技術を磨かなければ向上はしないのでしょう。
にほんブログ村 教育ブログへ

では。
スポンサーサイト
05 : 12 : 47 | お仕事 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<あくまでも善意のブログでありたいです。 | ホーム | 親としては予想外の大健闘でした。>>
コメント
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2007/06/09 08:50 * [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ultramarutti.blog26.fc2.com/tb.php/480-82c65ec6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。