スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
2年生なりの「初体験」だったのでしょう。
2007 / 05 / 18 ( Fri )
国語の授業、遠足の作文を書く。

火曜日に遠足に出かけてから、
「したこと・見たこと」と「思ったこと」を整理するワークシート、
あったことを順番にまとめる書くことカードをまとめ、
金曜日についに作文を書くことに。

子どもたちに原稿用紙を配る。

書くことカードは、あくまでもメモ。
例えばパンの種のようなものであり、作文に完成する時には
パンが膨らむかのように、
様子を表す言葉などを付け加えようと助言をした。

また、教科書に掲載されている作文を「お手本」として
参考にするように話をしてきたので、

1行目は空欄
2行目に題を記入
3行目を空けて
4行目に名前を書く
5行目をあけて、
6行目1文字あけて、さぁスタート!

と、指示をした。


一斉に書き始める子どもたち。
ワークシートで、書きたいことが整理されているので、
鉛筆をスラスラすすめている。

しかし、目を配ると、パンの種のまま完成させようとする。
「そんなパンは誰も買いません」
まだまだだなぁと感じながら、アドバイスを加えていく。


そして、原稿用紙の端まで書き終わったという子どもたち。
オルガンの上に、予備があるから2枚目3枚目と
書いていいよと話をする。

その時、「え、裏に書くんじゃないの?」という子がいた。


嫌な予感。
この子たち、原稿用紙に作文を書いた経験・・・ない?


とある子は、2枚目も3枚目も、
1行目は空欄、2行目に題、3行目は空欄・・・
と1枚目と同じように書きすすめているではないですか・・・。


わはは・・・思わず笑ってしまい、驚く子どもたち。
もちろん、子どもたちを責めはしない。

これが子どもたちの原稿用紙初体験なら、
それもまたいい経験だと思う。

細かな「お直し」は月曜日にして、
今は楽しく、精一杯作文を書いてもらおうと思いました。


↓というわけで今週も仕事をしました。
↓ですが、休みもきっと、作文の「お直し」をするのでしょう。
↓研修からの宿題もありますし。
↓そんな休みの日も仕事から心が解放されない
↓小学校教師に応援の1クリックをお願いいたします。
にほんブログ村 教育ブログへ



スポンサーサイト
08 : 42 : 16 | お仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<およそ20年ぶり。 | ホーム | どんな時にも経験がモノを言う。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ultramarutti.blog26.fc2.com/tb.php/467-bf87124e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。