ポスターセッション終了する。
2005 / 11 / 22 ( Tue )
土曜日の終日参観は、ポスターセッションに取り組みました。
総合学習で子どもたちがそれぞれまとめたことを
保護者や子どもたちに伝える学習でした。担任としては、
子どもたちの熱意のある取り組みの様子に嬉しくなるだけでなく、
これからの総合学習を成功させるために必要なことはなんだろうと
考えていました。

今、子どもたちに一番欠けているのは「知的欲求」でしょう。
言い換えれば好奇心でしょうか、学ぶキモチが「渇望」していない。
新しいことを次から次に、自ら学んでいく、弾むような姿勢を
育てていかなければいけないと感じます。

ポスターセッションをご覧になるお父さんに話しをしたのですが、
「総合学習は100点を取るための学習ではなく、それまでのプロセスを
 大事にしたいと思っています。子どもの発表内容が拙くても、
 その子が学習の中で何を発見したか聞いてください。そして、
 厳しい質問を与えてください。」といいました。
分からないことがあって当然であり、次までにその分からないことが、
少しでも分かるようになればいいと思う。それが未来を開く総合なんだろう。

チャレンジあるのみですわ。

では。

にほんブログ村 ポータルブログへ
スポンサーサイト

テーマ:教師のお仕事 - ジャンル:学校・教育

22 : 50 : 30 | 総合学習について | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<広島の事件から | ホーム | 磨き合う子どもたちに。>>
コメント
--同感 子どもたちの問題意識を生かそう--

子供たちに「知的欲求」が足りない。

同感です。

だからこそ、教師の仕事は、子供たちの問題を高めることだと思います。
そのため、教材との出会い、子供の意識と現実とのズレに焦点をあて
「なぜ?そんなのおかしいじゃん」
という気持ちを持たせながら、
教材を追究していく子供を育てたいですね。

「小学校教師の気持ち」
おもしろいですね。
楽しみにしています。

今後も、また、伺います。



by: カワセン * 2005/11/23 15:36 * URL [ 編集] | page top↑
----

コメントありがとうございます。
生きる力=学び続ける力だと
思います。そのために、精進します。
愛知県の先生ですね。
私も、愛知県人です。

がんばりましょう。
by: うるとらまる * 2005/11/24 05:52 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ultramarutti.blog26.fc2.com/tb.php/39-ea2897ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |