美しい国より、ぬくもりがある国がいい。
2006 / 12 / 31 ( Sun )
こんばんは。ようやっと年を迎えるしたくができました。

31日。
家内をバイト先に連れて行った後、午前8時から近所のスーパーで食材購入。
その後、娘と「抹茶きんとん」作りのために、サツマイモの皮を剥く。
ミョウバンを混ぜた水を入れたボールに入れ、アク抜き。

その間に、煮物を作る。
サトイモ、コンニャク、鶏肉、ごぼうなどの皮を何度も剥いたり切ったり。
火にかけて、だし汁を入れ、ストーブで煮込む。

そして、サツマイモを煮込み、竹串が通るようになったら、
湯を半分程流し、弱火で煮詰める。
そして、ミキサーを使って、かきまぜる。こす手間を省くため。
(花まるマーケットで見たテクニックを利用)
黄色い餡に、グリーンティの粉末を入れて、抹茶色の餡に。
栗の煮付けを加え、なんとか完成できた。

それからも結構大変。
おせち用の素材セットや、独自で購入した伊達巻などを重箱に詰める。
娘とデザインについて協議しながら。
ともに初心者。悩んだ結果得たものは、お重には
「一の重」「二の重」「三の重」があって、それぞれ役割があることを
知った。34回目の年越しで始めて知った。

そんなことで時間はあっという間に過ぎ、やはり紅白を見ながら、
餅を四角に切ることになる。


そんなことをしながら思ったことは、
正月の準備は面倒くさいけど、やることは楽しい。

正月に海外やホテルで過ごす生き方もある。
年越しを、仕事をしながら過ごす人もいる。
ひょっとしたら1人でいる方もいるかもしれない。

ただ、私としては家族とともに、正月の仕度をするのは、
とても楽しかった。

「紅白歌合戦というものを見てみたい!」と言い張った娘は
一日中手伝いをした疲れがあってか、9時に寝てしまった。
「お正月の飾りを作る。十二支すべて折り紙で作る」と取り組んでいた
息子は体力が残っていたのか、結構粘っていた。
(おかげでDJオズマのあの「演出」について、
 説明するのが困ってしまったが。)
明日も仕事がある「おこりんぼ」さんは、今井美樹の歌が子守唄になり
寝てしまった。

餅を思い切り食べる子どもや家内の姿が思い浮かぶ。
人は想像する生き物だ。
自分の大好きな者たちが喜ぶ姿を思い浮かべることが出来るから、
私たち人間はがんばれるのだ。



年末の準備で出たごみを片付け、1人パソコンの前にいる。
私のデスクトップは、TVチューナーがついているので、
紅白歌合戦を見ながら、今日の記事を書いている。
サブちゃんの歌が終わる。

私は格闘マニアでも、お笑いマニアでもないので、
紅白歌合戦を毎年見てしまっている。

あぁ、魅せられる歌が多かったこと。
白組が勝った。でも赤組も好きだった。
歌がある。人を喜ばせる歌がある。
人を元気にさせる歌がある。
歌は強い。

あぁ、ベタな日本人かもしれない、私。
こんな年末がとても好きだ。



来年。
私は難しい言葉は分からないし、論理を組み立てるのも苦手。
どんな一年になるか予想もつかない。
たぶん激動の教育界だろう。

でも、私は、
私が出会った子どもたちすべてが幸せな人になれるように、
幸せを自分の力でつかむことができることが出来るように、
子どもたちとともに生きていく。

美しい国を目指すのではない。
私が目指したいのは、温かい国だ。
人と人とが手をつないで分かる、ぬくもりがある国だ。

学力低下を憂うのではなく、
子どもたちのどんな小さな成長でも見守り、励ましていく。

私ができることは、ほんとに小さなことだが、
自分のプライドをかけて、来年も生きていく。

とりとめのない文章、読みづらくて申し訳ありません。
どうぞよいお年を。

↓そんな小学校教師です。
↓もちろん、全国の先生方もがんばってらっしゃいます。
↓私だけでなく、全国の先生方を応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ


追伸
こんな旦那を受け入れてくれる家内と、
こんな男を父親として受け入れてくれる子どもたちに
深く感謝。








スポンサーサイト
23 : 59 : 16 | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<ギリギリでいつも生きて痛いから、あぁ。 | ホーム | 冬休みに、休みは無い。>>
コメント
--あけましておめでとうございます。--

まったく同感です。
共感できるあたたかい記事で
2007年のスタートが切れたことに
感謝します。

年末行事も新年行事も
大切にして伝えていきたいですね。

今年もよろしくお願いします。

でも、結婚して始めて
年越しそばを食べ損ない
一人で年を越しました…(笑)
by: namiママ * 2007/01/01 00:31 * URL [ 編集] | page top↑
--謹賀新年--

新年あけましておめでとうございます。
きんとん、煮物、お重の準備。
うるとらまるさん、すばらしい!尊敬してしまいます。
わたしも同じです。温かさ、ぬくもり。
言葉にしちゃうとなんだかちょっと違和感?あるけど
日々の教育の営みって・・・そういうものですよね。
by: つぼみ * 2007/01/01 20:07 * URL [ 編集] | page top↑
--あけましておめでとうございます!--

夫がやっと休みになった大晦日。
「色々なブログに見てると、どこのご主人も手伝ってるわよぉ~」と横目で見たら、ダイ坊と2人、2Fの窓11ケ所ぜ~んぶ拭いてくれたので助かりました。言ってみるもんですネ。

あまり学校を信じていなかったのですが、
こちらにお邪魔するようになって、
うるとらまる先生のような先生もいるんだ!
と、まだまだ公立小も捨てたものじゃないと
思えるようになりました。

ダイ坊の学校にも”うるとらまる先生”がいると信じて、学校に協力していきたいと思っております。
by: ダイ坊の母 * 2007/01/01 21:44 * URL [ 編集] | page top↑
----

コメントありがとうございます。

「正月に楽をするため」に、
年末の支度をしていたはずですが、
年が明けても忙しいのは変わりませんでした。

でも、やってみると面白かったです。
もちろん、今朝作ったお雑煮は煮すぎて、
食えた物ではありませんでしたが。

温かいコメントありがとうございます。

では。
by: うるとらまる * 2007/01/03 16:29 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ultramarutti.blog26.fc2.com/tb.php/356-b8454823
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |