スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
「教師はパンのみで生きるにあらず」、かなぁ。
2006 / 12 / 27 ( Wed )
こんばんは。静岡県庁まで教育奨励賞の授賞式に出席してきました。
静岡県からお給料をいただきながら、
県庁に出かけるのは11年目で初めてでした。
なんだか不思議な感覚でした。

教育長さんのお話を聞かせていただきました。
「嬉しくないニュースが多かった1年でしたが、
 皆さんのお顔を見ると晴れ晴れとした気持ちになりました。」
そうですね。今年も不祥事が続きました。
いつも私たちの矢面になり、
記者会見では深々と頭を下げてくださる方の一言。
本当に身にしみました。


ただ、残念だったことがあります。

表彰状はいただきました。
でも、ご褒美は、やはりいただけませんでした。
(やはりというのは、「伊豆こもれび茶房」の「つぼみ」先生のブログにコメントさせていただいた時のお返事から、なんとなく予想できたからです)

人はパンのみで生きるにあらず。
確かに確かに。

ただ、なんというか…
公務員ががんばって取り組んだことに対してご褒美をいただくことは、
やはり一般の方々にとっては、おかしいことなんでしょうか?
やはりご褒美といっても、もともと税金ですから?
どうなんでしょう?


教育公務員特例法という法律があります。
その中で、
「教育公務員は、その職責を遂行するために、
 絶えず研究と修養に努めなければならない。」
という文言があります。

だから、教員として、自分の指導する子どもたちのために、
自らの指導を磨いたり、新たな教材の開発など研修を行っています。
(「子どもたちのために」という言葉は傲慢な考え方ですね。
 私としては、未熟者な私なのに「先生」と呼んで慕ってくれる
 子どもたちに対して、感謝の気持ちを表すためにぐらいです。)


あぁ、愚痴っぽくなってしまった。
ただ、なんというか、解せない気持ちが抜けません。


んもう!!





バシバシバシ(机を叩く)





ふう。


発想を切り替えます。

教員として、「地上の星」を目指します。

公務員こそプライドを。
名誉と誇りだけで仕事をしていってやろうじゃないか。

↓今日の記事を公開すべきか否か迷いました。
↓こんな愚痴をおこりんぼさんは、
↓「じゃ、今度は、たくさんのご褒美をもらえる奨励賞に
↓ 応募したら」と言ってくれました。
↓それもそうだなぁと思う私です。

↓そんな小学校教員に励ましの1クリックをお願いいたします。
にほんブログ村 教育ブログへ

スポンサーサイト
21 : 40 : 11 | お仕事 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<冬休みに、休みは無い。 | ホーム | レンジまわりの油汚れと格闘しながら考えたこと。>>
コメント
--おこりんぼさんのいう通り。--

今日が表彰式だったのですね。
わたしのときは1月だったので、ごめんなさい。来月かと。
論文募集を主催してくださる団体はいろいろありますし、研究助成もしてくださいます。
まずは、県教委の奨励賞は、いただいていきたいところですが、うるとらまるさんのような熱心な方なら、次にまたトライを。
・・・って、答えにもなっていませんね。
あと。
伊豆こもれび茶房の「つぼみ」です。「つぐみ」もすてきですけれどね。(^_-)-☆
先日いただいた助成金で、昨日は筑波に行ってきましたよ。
by: つぼみ * 2006/12/27 22:41 * URL [ 編集] | page top↑
--失礼しました!--

失礼しました!! 
「つぐみ」さんではなく、「つぼみ」さんでした。

先の新聞記事を自分の仕事ノートに
スクラップしてあるのに、まったくもう。


訂正させていただきます。


そうですね。次にトライします。

自らを磨き続けていく教師になってやります。




by: うるとらまる * 2006/12/28 06:55 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ultramarutti.blog26.fc2.com/tb.php/354-4f54db79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。