稲刈り
2005 / 11 / 02 ( Wed )
今日は稲刈りでした。
この半年でだいぶ田んぼに通いました。
本当は、子どもたちが草取りをしたり、水の管理をしたりできると
いいのですが、あくまでも「体験」のための田んぼですので、
そこまではできません。
ですから、田んぼの生き物を見つけ、考えていくように
子どもの意識の舵取りをしてきました。

稲を刈ると、出てくるカエルやクモ。そして小さな生物。
子どもたちは、ただ驚いたり、触ったりするだけではなく
目の前にあることを今まで学習したことと関連づけようとしていました。
担任として大きな手応えを感じました。

子どもたちにしょっちゅう「生活科と総合学習」のちがいについて話をします。生活科はあくまでも問題発見学習であり、低学年の子たちは体験を通して
様々な事象を発見していきます。それは知識や経験を増やすことです。
しかし、総合学習は問題を発見するだけではなく、解決することを目標にしなければいけません。その解決のために知識や経験を総動員する。その力こそ、「知恵」「生きる力」なんだと私は思っています。

じっと時間をかけて、土の中の小生物はいないかと観察する子。
今までの学習をまとめるために、ポスターを製作しようとする子。
総合学習は、学習のしかたを教えます。
なるべく自由に、しかしその時間に何をするかはしっかりと指導する。
このバランスが総合の指導で難しいところはないでしょうか。

うちのクラスの子どもたち。けっこう総合の時間では、
がんばるようになりました。再来週の授業参観は
ポスターセッションによる発表会を開きます。さて、どうなるやら。

では。

にほんブログ村 ポータルブログへ
スポンサーサイト

テーマ:総合学習 - ジャンル:学校・教育

01 : 17 : 35 | 総合学習について | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
<<今日は遠足でした。 | ホーム | 携帯電話をモデルチェンジする。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ultramarutti.blog26.fc2.com/tb.php/30-e8dc9e08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
稲刈り体験
今日は稲刈りの日。午後、子どもたちは長ぐつ・軍手・かまを準備して学校から歩い Mobi's Slow Life【2005/11/04 10:47】
| ホーム |