スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
「学力低下」以前の低下かもしれぬ。
2006 / 09 / 20 ( Wed )
こんにちは

わが学校は今日から3日間「成績処理」のために
子どもたちを半ドンで帰しました。
「思い切り遊べ! でも宿題はやってこい!」と
子どもたちを笑顔で送り出した後は、
通知表の作成に没頭する私です。

さて、今日気になったこと。

この花はいつに咲く花かお分かりになりますか?

09194


続きますね。
今日、理科のテストをしました。
季節の生き物についてのテストです。
その中で、次の写真から「夏の様子」を選べという問題がありました。
授業でよく扱ったツルレイシの花についてはよくできていたのですが、
子どもたちの多くは、アブラナ(菜の花)も夏に咲く花として答えていました。

さすがに桜やチューリップだと答えた子はいませんでしたが、
私としては、このような子どもの表れが気になります。

職員室でお弁当を食べながら、この話をしました。
学年の先生たちも納得。
今の子どもたちは、季節に合った花をあまり知らないのではないかと思うのです。
これは「学力」というか、それ以前の力がついていないのかなと思います。

先ほどのテストで、「夏の様子」として正答だったのは、
ツルレイシの花と、青々と伸びたイネの様子でした。
アブラナを「夏の花」と答えた子どもたちにとって、
イネは普段から見られるような植物ではないのかもしれません。

話の中で、
「今の子どもたちは、おばあちゃんと散歩をしていないのかも」
という意見が出てきました。
昔、それもほんのちょっと昔は、道に花がいっぱい咲いていた気がします。
また森や林もすぐ近くにあり、夏になったら虫取りをしたり、
秋になったら木の実を取りに行ったりしました。
今の子達は、ゆっくりと道を歩く経験をしてきていないのだろうと思います。
もちろん、景観が変わりました。静岡といっても、私の学校の周りは
ほぼ東京のベットタウン化が進み、あぜ道なんてなくなってきました。
10年前に比べてアパートやマンションが増え、道も立派になってきました。

また車社会です。子どもたちが親と外出する時は、家と目的地の間を車であっという間に過ぎ去ってしまい、道の脇にちょっとだけ咲く花なんて見れないのかもしれません。

スピードや効率が重視されている時代だからこそ、
子どもたちの感覚は落ちてきているのではないかと思うのです。
昔は、ゆっくりと歩くおばあちゃんを待ちながら道草をし、
花の名前を教えてもらう余裕があった気がします。

これから、国語は「ごんぎつね」を学びます。今日は音読をさせてみました。
しかし、子どもたちは「はぎ」がなんだか分からないようでした。
ハギは秋の七草。子どもたちは木のようなものと思っていた子もいました。
ま、ハギは難しいとしても、「ごんぎつね」の中には「ヒガンバナ」が出てきます。
兵十の母の葬儀の場面を彩る大事な花です。
私は、子どもたちが「ヒガンバナ」→「死」というイメージをもつことができるか、それこそ物語を読み、自分のイメージをもつことができるか、心配しております。

話はでかくなりますが、やはり学力というより
子どもたちの感覚が落ちている気がしませんか?
知恵というか、何かを察知する感覚。
ひどい言葉なのかそうでないのか判断できる感覚。
空の様子を見て、これからの天気を判断できる感覚。
雲の様子を見て、季節の移り変わりを感じる感覚。
具体的な場面から、わり算を使うのか、かけ算を用いるのか
これって、教科書で教えることなのでしょうかね。

私たち日本人は、どこか、大切な何かを見落としている気がするのです。
いかがですか?

とりあえず、私としては、このままではマズイと思いますので、
これからも教室の外へどんどん出ようと思います。

↓そんなわけで、仕事をがんばる私です。
↓ブログを書いている暇なんて本当はないのですが、
↓みなさんの応援があるから、書く気が沸いてきます。
↓これって、大事な感覚ですよね?
にほんブログ村 教育ブログへ

では、今夜も「仕事」です。わはは。
スポンサーサイト
18 : 10 : 01 | お仕事 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<褒められることで、私の原点に帰った。 | ホーム | よごれつちまった悲しみに・・・「○○○」>>
コメント
----

今は核家族が多いから、おばあちゃんと散歩なんてなかなかできないかもしれませんね。
すし詰め状態の住宅地、車の排気ガス、こんな中で生活してたら、情緒もヘッタクレもありません。

小さい頃、夏は父の田舎へ泊まるのが楽しみでした。山の斜面に建つ、土間のある茅葺屋根の家。自然を体いっぱい感じられる場所で、数日間だけでも過ごせたのは今になると貴重な体験でした。今、あの体験をダイ坊にさせたくてもできません。田舎も変わってしまっているのです。もっと自然体験をさせて、先生のおっしゃる”感覚”を養ってやりたいものです。大人になってからでは遅いですもんね。
by: ダイ坊の母 * 2006/09/21 10:09 * URL [ 編集] | page top↑
----

青々と育ったイネを選ぶのは、ちょっと難しいかもと思いました。
それで、桜でもチューリップでもない、菜の花を選んだのかなぁ~?

一緒に散歩して季節の花を眺めたり、お買い物や料理から旬の食べ物を教えてあげたいです。

車に乗るのを止めて、肩を並べて歩こうと思います。ガソリンも高いし・・・
by: マナフィー * 2006/09/21 13:56 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ultramarutti.blog26.fc2.com/tb.php/274-d7419019
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。