学校で一番立派なモノの前で。
2006 / 06 / 01 ( Thu )
私の血液型はA型ですが、仕事をしていると「B型?」と言われる。そうだと思う。仕事を論理的にすすめるのではなく、感覚ですすめている。家でもそうらしい。このブログも、あまり見直して書いていないのかもしれない。読みづらい文ながら、いつも読んでくださる皆さん、ありがとうございます。

なんでこう思うというと、昨日全校に配布したプリントの日付を間違えたから。
うちの学校祭が来週金曜日に開かれるが、「8日(金)」と書いてプリントをしてしまった。本当は「9日(金)」。これはいけない。もちろん学年便りや、学校カレンダーで確かめれば済むのだが、念のためプリントを再配布。念のため。

うちの子が通う学校のPTA便りも懸命に作ったが、「一心不乱」を「一心腐乱」にしてしまった。学校に急いで伝えたが、もう既に印刷されてしまい、昨日各家庭に配布された。間違った箇所は、ペンで直されていた。「先生が忙しくないように…」と思いながら、迷惑をかけてしまった。大反省。

印刷機をガンガン回しながら考えた。学校から配布するプリントは、「私→事務主任→教務→教頭→校長」とハンコをいただいて初めて、配布することができる。各クラスの出し物の内容を書いてあったので、全先生方に見てもらっていた。しかし、私の間違いに気がついたのは、なんと小学3年生1人だけ。これはどうしてか。

それほど、私たちは忙しいのかなぁ…と思う。
もちろん、一番忙しいのは、毎日回り続ける印刷機でしょうね。
何も文句を言わない姿は立派だ。

では。

↓もちろん、担当がチェックをしっかりしなかったのが一番問題。
↓気を引き締めなくてはいけませんな。
にほんブログ村 教育ブログへ
スポンサーサイト

テーマ:教師のお仕事 - ジャンル:学校・教育

18 : 21 : 23 | お仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<子どもたちがおそらく学校で一番嫌いなモノ。 | ホーム | 子どもにとっての「むかし」はアテにはならない。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ultramarutti.blog26.fc2.com/tb.php/184-8154f587
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |