スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
「怒り」のスピーチ。
2005 / 10 / 18 ( Tue )
国語の時間のはじめは毎回スピーチを行っている。
持ちまわりで、子どもたちは、いろいろなことを話す。
今回のテーマは「怒りのスピーチ」。
とにかく、身近なものに怒ってみようということだ。
スピーチというと、小学生の場合、喜怒哀楽の「喜」「楽」ばかりになる。
「哀」だと授業の雰囲気が哀しくなるので、
「怒」をスピーチの題材とした。もちろんユーモアを取り入れることが大事。
芸人の真似もよしとした。
だから青木さやかや、カンニング竹山の真似でもよい。

トップバッターになった子のテーマは、
「マンションに怒る」ということだった。マンションが自然破壊をしているという論調。うちの地区は古い町だから、昔からの家に住む人と新しく建てられたマンションに住む人と混在している。だから、マンションに住む子には挑戦的な「怒り」。

スピーチに対する他の子どもたちの反応もよい。
「マンションがなかったら、どこにも住めないよ。
「この辺の土地、値段が高いから。」などなど。

よく聞いているなぁと思う。もちろん意見を出せない子も多い。
これからの課題だ。
しかし、「怒」って、スピーチにすると面白いなぁと思う。
これからどうなるか、子どもたちの様子を見守ることにします。

では。

スポンサーサイト

テーマ:勉強法 - ジャンル:学校・教育

05 : 00 : 42 | お仕事 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<総合学習はテーマ選びがカギです。 | ホーム | 面白い? 町民体育祭>>
コメント
--楽しい工夫ですね!--

「怒」に目を向けることは少ないので、聞く方も新鮮かもしれませんね。

私のクラスでも、毎朝「1分間スピーチ」をしているのですが、なんとも単調いなりつつありました。

面白い実践を有り難うございます☆
by: HIRO * 2005/10/18 06:15 * URL [ 編集] | page top↑
----

はじめまして。私も同じお仕事をしています。

「怒」って、いい題材ですね。ちょっと盲点でした。今度やってみようかな~と思います。
by: 地理屋 * 2005/10/18 21:12 * URL [ 編集] | page top↑
----

HIROさん 地理屋さん
コメントありがとうございます。

やってみて思ったのが、
以外に子どもたちの反応が豊かだということ。
今日の「怒りのスピーチ」は
ブルーギルについて。
ブルーギルが日本古来の魚を食べてしまっているという話の後、他の子どもたちから、
「それを持ってくる人間が悪いのでは?」と
するどい突っ込みがありました。
国語の時間のはじめに行っているのですが、
夢中になりすぎて授業が始められなくなりそうで、少々困っています??

では。
by: うるとらまる * 2005/10/18 21:52 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ultramarutti.blog26.fc2.com/tb.php/18-d91066c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。