スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
PTA新聞について質問があります。
2006 / 05 / 21 ( Sun )
今年度は、子どもたちの小学校のPTA役員を仰せつかっております。
昼間の活動にあまり参加できる父親ではないのと、「おこりんぼママ」の細かい超A型の性格が活用できるだろうと考え、気楽に「広報部」に所属を決めましたが、これが意外と大変。なんせ、新設校の第1号のPTA新聞を作らなければいけなくなりましたから。更に、広報部の方はパソコンが使えない方ばかり。結局、ほとんど私が製作することになりました。

土曜日は、市PTAの会合。市内の小中学校の広報担当者が集まり、意見交換を行いました。テーマは「PTA活動を広くPRするには」。まだ第1号の新聞を出していない私たちのPTAは、まずは他の学校のPTAさんの話を聞くことにしました。その中で気になった意見を抜粋します。

○保護者としては、子どもが学校でどのような活動をしているのか気になる。
 だから、行事の写真をたくさん載せています。
○昨年度年3回発行していたものを、今年は2回に減らしました。
○せっかく作ったものをすぐに捨てられたくないので、子どもの写真や文を多 く掲載したいと思います。

どうだろう?と思いました。
私としては、子どもの活動を紹介するのは、学校の役目だと思っています。PTAが出す新聞は学校だよりではないのです。もちろん、子どもの活動が気になるのは、同じ親としては十分分かります。でも、それは先生達の仕事です。

次に回数について。私は、立派なものでなくてもいいから、必要なときに出せたらいいなと思っています。子どもの数も予算も少ない現状で新聞を作るのですから、印刷所を使いません。私がワードで作成したものを、学校で印刷させてもらおうと考え、校長先生の了解をいただきました。サイズも普段はA4でいいと考えます。気楽に出せる様にしたいのです。PTAの活動が終わってから事後報告をする新聞ではなく、「○月○日にPTAでこんな活動をするから
○○をご協力願います。」「○○ボランティアを募集しています。」と、お知らせできるような感覚で出したいと思っています。

私も学級通信を出す教師です。子どもの写真も載せます。でも、ファイルに綴じて大事にしてもらいたいとは思いません。むしろ、冷蔵庫に磁石で貼ってもらうぐらいの新聞でいいと思っています。期限が過ぎたら、遠慮なく資源ゴミに出してもらっていいと思います。

PTA活動というと、自分の時間を削ってしまう面倒くさいものだということを認めます。でも、PTAの活動は先生達や自分の子どものためになるはずです。確かに、年収300万円時代。お父さんもお母さんも懸命に働かなければ豊かに生きていけない時代です。ただ、私は忙しさの中で、今を生きることだけに必死になり、未来に大きなツケを残していないかと心配になることがあります。

PTAは学校への圧力をかける存在ではなく、学校を助ける存在でありたいと思っています。新設校であり、保護者の方々も熱意ある活動をはじめているところです。私としても、この熱意を持続し、PTAの活動が盛んにあるように、出来る限り仕事をしていきたいです。

いかがでしょうか。皆さんのご意見、教えてください。
では。

↓ランキングにこだわるつもりはないのですが、やはり声を大きくしたいのです。よろしくお願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
ありがとうございました。



スポンサーサイト

テーマ:PTA - ジャンル:学校・教育

06 : 35 : 35 | お仕事 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<「いかのおすし」と「冷凍みかん」 | ホーム | 舌で鍵盤をたたいてごらん。>>
コメント
----

本業の他に広報部のお仕事まで、本当にお疲れさまです。
私もノルマ?を達成すべく、今年度は校外部。部長のクジを引き当ててしまったのは想定外でしたが、悪戦苦闘しながら日々頑張っております。
わからないながらも身を置いていると、効率の悪さ、改善すべき点がいくつもみつかります。しかし本部、一般部員のお母さん方が、一枚岩ではないし、それぞれの考え方の違いがあるから、なかなか双方がかみ合うことはありません。PTA活動の難しさを、足を突っ込んでみて初めて実感した次第であります。
by: ダイ坊の母 * 2006/05/22 23:00 * URL [ 編集] | page top↑
----

教員集団もそうですが、なかなか自分たちの活動を評価することが難しいと思います。新しいものに改善しようとすればするほど、労力がかかりますから。

私としては、できるだけ労力の必要としない紙面作りを考えています。第1号だけ「特大号」と銘打っておけば、なんとかなるかなぁと。今は思いだけですが。

ありがとうございました。
by: うるとらまる * 2006/05/24 04:11 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ultramarutti.blog26.fc2.com/tb.php/172-c5611ee3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。