スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
家庭訪問の理想と現実
2006 / 05 / 11 ( Thu )
朝、忙しいながら、思うことがあって書きます。
連休明けの今週は家庭訪問ウィークで、子どもたちにとっては毎日午後の授業なしで下校できるので、子ども達は休みボケをしてしまいそうです。
しかし、担任としては、そうならないように頑張っていますが。
(授業の話はまた時間がある時に)

家庭訪問について。
私は、家庭訪問をすることで、できれば保護者の皆様と仲良くしていこうと思います。できるだけ、仲良く、せめても仕事を懸命にしていることだけでもアピールできればいいと思い、お話させてもらっています。
いつもの仕事ノートに子どもの1ヶ月の様子を箇条書きにし、子どもの課題やどのようにすれば伸ばせていけるのか、自分の頭の中で考えている手立てを伝えています。

例えば、なかなか発表できない子がいます。その保護者の方に、その様子を話すと、保護者の方は「毎年そのように言われます。」とおっしゃいます。

そこで私は「発表できない雰囲気があるのなら、○○さんが発表しやすくできるように、どの子も当たり前に発表できるような雰囲気をどの授業でも出せる様に頑張ります。」と言ったり、
「ご家庭では、子どもに言わせるだけではなく、お母さんの思っていることをよく聞かせてください。関西弁のお母さんが育てた子は、やはり関西弁を話すように、親が子どもに聞かせていく言葉を子どもは吸収し真似することで、これが言葉だと覚えていきます。だから、今、もし○○さんが自分の思っていることを頭の中で上手く表現できないとしたら、お母さんやお父さんの思っていることを聞かせてあげることで、子ども達は話し方、発表の仕方を知っていくのだと思います。だから、まずは聞かせてあげてください。」と言ったりして、学校とご家庭で子どもの力を少しでも成長させる様に共通の課題をもちたいと思っています。

ただ、そこまで話せばいいのですが、私は余計なこともしてしまいます。
昔、営業をしていたせいなのか、その家の様子も観察してしまうのですね。
やはり、家の中に入ってしまい、リビングに置かれているものや、壁に貼られた子どもの作品や写真、お母さんの趣味まで話のタネにしてしまいます。
「お母さんもパッチワークされているんですか。うちのヨメも・・・」とか、「あ、お父さんガンダム集めているんですねぇ。」「このお家、○○ホームの蔵のある家ですね。やはり収納は便利ですか?」など、要らない事を結構話してしまいます。

できれば教育者として話せばイイのですがではなく、1人の人間として、いやタダの話好きオヤジになって、ついつい話してしまうのです。

そんな訳で昨日は訪問予定時刻を1時間7分も遅れて最後の家に到着しました。あらかじめ、学級通信等で「時刻が守れない教師です。最高遅刻記録は1時間30分です。」と書いてはおきましたが、本当に遅刻をしてしまうと申し訳ないばかりです。遅れる旨を携帯で連絡をしていたものの、最後の家を訪問のは夕方5時37分。「本当に使えない教師で申し訳ない」と頭を下げるばかりでした。

私もダメダメ教員です。

↓そんな私には2週間ぐらい家庭訪問が必要なんでしょうね。
↓いかが思われますか?
にほんブログ村 教育ブログへ




スポンサーサイト

テーマ:教師のお仕事 - ジャンル:学校・教育

07 : 25 : 07 | お仕事 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
<<熱血先生はいらないから | ホーム | 学びたい気持ちが湧き出すように!>>
コメント
--ダメダメ教員じゃないと思います。--

初めまして。ちょっとでしゃばりな小学校教員の妻です。
私が保護者の立場だったら、時間をきっちり守っていらっしゃる先生よりも、いろいろなお話をしてくださる先生の方がいいです。
私が小学校4年生のときに、他のクラスの先生で個人面談の時に、机の上に目覚まし時計をおいて、時間がくるとベルがなるようにしていた先生がいらして、お母様たちから「冷たい先生だ」との批判を受けまくっていました。(これまた極端ですが。)
by: 教員パパの妻 * 2006/05/11 15:16 * URL [ 編集] | page top↑
----

MSNの頃からROMさせて頂いております。
明日、家庭訪問のわが家。タイムリーなお話に出てきてしまいました。
通り一遍の話で数分で終わるよりも、熱心にお話して下さる先生の方が好感が持てますし、親近感も沸きますね。ただ遅れる旨の連絡は必須です(笑)

世間で思うより待遇は悪い、よく叩かれる、
思うに好きでなければ勤まらない職業ですよね、先生は。ウチも夫が教員なので(高校ですが)大変さがわかります。部活がすごくてホント母子家庭ですよ、わが家。土日出ても1日につき¥1200。ハッキリ言って赤字です・・・

以前、子供達がとんぼの動きが追えないというお話にとても興味を持ちました。というのも
わが子も川で魚の動きを全く追えなかったからです。いつかまた、あのお話の続きをして頂けたら、、と思っております。

by: ダイ坊の母 * 2006/05/11 16:08 * URL [ 編集] | page top↑
----

ありがとうございます。

今日も、今学校に戻ってきました。
4時50分に訪れる予定のお宅を伺ったのは、5時20分過ぎ。ざっと1件で30分は話している計算になりました。

明日も、連絡は忘れずに、もちろん時間も頭に入れて、精一杯がんばります。

追伸 トンボの動きを追求していく事から、他の生き物の動きを観察する学習につながりました。詳しくは、静岡県の県教育論文に応募したいと思いますので、その時に整理したものを、なんらかの形でお伝えしたいと思います。


by: うるとらまる * 2006/05/11 18:37 * URL [ 編集] | page top↑
--家庭訪問お疲れさまです--

うちの娘の先生と足して2で割ってください。
(割らなくてもいいか…)
娘がうちで描いた絵も さりげなく貼ってたんだけど(家庭訪問のために)
気づいてもらえるなら それだけで
先生のこと信頼しそうです。
by: namiママ * 2006/05/11 21:12 * URL [ 編集] | page top↑
----

家庭訪問のよけいな世間話、いい話だなぁと思いました。私も保護者様と同じような身内意識を持つことが大切だと考えていますので、ご家庭とよくコミュニケーションを取ります。三者懇談の時もついつい話が横道にそれて夜遅くまで引っ張ってしまうことも多々。しかし、話すネタが少ないと、もっともっと自己反省をします。
by: みけ * 2006/05/13 00:20 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ultramarutti.blog26.fc2.com/tb.php/161-78fa531c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。