スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
伊豆は震度3でしたが・・・。
2006 / 05 / 01 ( Mon )
(日曜日に疲れきって途中で終わってしまった記事を直しました)

今日は、子どもが習っている英語教室のイベントが行われるというので、
伊豆の国市に出けました。長岡です。

そして、イベント中に地震にあいました。震度3でした。
ゴゴゴという揺れ、最近伊豆東方沖を震源とした地震が続いているのですが、
いざ揺れるとさすがに驚きました。いつ起こるか分からない地震、やはり怖いです。

この前、学校で避難訓練を行った後、子どもたちにこのような話をしました。
「あのさ、最初の30秒は『必死に命を守る』っていったけど、
 もしさ、1人でいた時に命が助かったとして、次にどうするの?」

よく次の3分間は「脱出経路」を確保することが大事とされます。そして次の3時間に「避難場所」に行くことを要求されます。

子どもたちにダメおしをかけるため、ちょうどその日配布された町作成の地震避難地地図を子どもたちに渡しました。そこには地区ごとの「住宅倒壊予想」が書かれてありました。子どもたちに自分の家の周りを確認させながら、ブロック塀のあるところも倒壊の可能性があることを教えました。
さらに私の学校の校区は新幹線を含んでいます。万が一の場合、新幹線高架の下をくぐることも危険とされるでしょう。

そんな地区に住む子どもたちに、
「もし1人だったら、どうやって家族と連絡を取り合う?」と聞きました。
子どもにより、親とこのような状況について話し合った子とそうでない子の差が大きかった様です。

静岡だけで放送されているのかもしれませんが、積水ハイムのCMで、神様が人間に「いつ地震が起こるか」と聞かれ「分からない」と答えるものがあります。

どうぞ、万が一のために、1人でいる時に地震がきたら、
○どのような場所で安全を確保するか
○家族で避難する場所はどこか
○そこへ行くまでにどのような経路をとればいいか、その経路は安全か
など、話し合ってもらいたいと思います。

では。
にほんブログ村 教育ブログへ




スポンサーサイト
22 : 06 : 40 | お仕事 | トラックバック(1) | コメント(1) | page top↑
<<雨には勝てなかったのだ・・・・・・ | ホーム | 明日は雨が降らないでもらいたいです。>>
コメント
--あと一日!--

今日行けば、休日ですね。

3学期から、休みなしという(気分)だったので、嬉しいです。

T.B.させていただきます。宜しくおねがいいたします。
by: HIRO * 2006/05/02 05:55 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ultramarutti.blog26.fc2.com/tb.php/153-74081cf1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
高圧的
1,3,5年の音楽集会で、司会者デビュー(始まる5分前に指名)。約500人をまとめる為に、色々なテクニックを駆使する。特に、受け持ちの5年に対しては、厳しく当たる。 「5年生、1,3年生の見本となるように、一言もしゃべらないで座りなさい!」“全体では厳しく、個 小学教師の雑感・多感【2006/05/02 05:53】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。