その熱中さは止められない。
2015 / 11 / 08 ( Sun )
委員会の方がご覧になる授業の日。

ワタシらは指導案をしたためてお待ちする。
この指導案は一度、一から書き直したもの。
先に書いた案は、諸事情によりお蔵入りになった。
指導案を書くにはかなりの労力が要る。
二度目を書かねばならなかった時は、
流石にテンションを上げるのに時間がかかったが、
指導案に手を抜きたくなく、自分なりに頑張った。
でも、普段の営業時間内に案を書き上げられる人はまずいない。
締め切りを一週間も遅れてしまった。

書いた内容は、来る学校祭の出し物の企画を立てること。
どうせなら、机に座って話し合うものではなく、グループごと、各グループ間ごとの交渉など、
アクティブに動き回るものにしてやろうという挑戦的な指導案でした。

そんな授業をご覧になった先生が言われたこと。

「ロッカーに子どもが乗っていましたね。安全面に問題がありだと思います。」

わはは。
それはそうだ。
あかん、それはアカン。



確かに委員会の方がおっしゃる通り。
ベランダに落ちたら危険だものね。
ワタシの指導力不足であります。

でもしかし、きっと子どもたちが熱中して話し合い、身を乗り出していたんじゃないかと、
自分自信を励ますために前向きにとらえることにします。
でないと、ここまで取り組んできた時間や熱意を考えると、
自分のメンタルが参ってしまいそうになりそうだったからです。


とにかく笑って仕事を続けるだけなのです。
スポンサーサイト
12 : 43 : 13 | お仕事 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<それはワタシの責任である。 | ホーム | この世の中に必要なのは、愛である。>>
コメント
----

先生が嫌気を感じながら仕事をしていたら、どんなに安全面を苦慮していても事故にも繋がるとは思います。

夢中になれる授業の元の指導案、素敵です。
by: 由美 * 2015/11/09 00:13 * URL [ 編集] | page top↑
----

教育委員会の方が見える授業で子供たちがロッカーの上に乗ったりする授業???それはだめでしょう。熱中していた?それでロッカーに乗る?考えられません。もう一度考え直した方がいいと思います。なにをさせたいのか?
by: がんばれ先生! * 2015/11/12 20:58 * URL [ 編集] | page top↑
----

ご指摘ごもっともです。
安全第一ですから。

by: うるとらまる * 2015/11/14 12:29 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ultramarutti.blog26.fc2.com/tb.php/1481-342f9621
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |