この世の中に必要なのは、愛である。
2015 / 11 / 01 ( Sun )
詳しいことは書けないのだけれど、いじめについての事件が起きた。

学年部が一日総動員で、関係者に事情聴取。
担任が聞いたことを相関図に表し、ワタシも子どもたちの話を聞く。

辛いことだけれど、いじめは、絶対にいい行為ではない。
それぞれの家庭に連絡、家庭でのご指導をお願いをした。

ぐったりとした一日。
夜8時を過ぎた職員室。

昔、心に決めたことがある。
教師にとって、都合のいい子どもを育てるのは止めよう。
子どもがイタズラをしてもいい社会こそ健全な社会。
○○してはいけませんと言い続けて育てる教育なんて、くそくらえだ。

それでも、ワタシたちはいい仕事をしていたのだろうか。
事実、いじめ行為をここまで発見できなかった。
授業は充実してたのだろうか。
子どもたちの心は育てられていないのだろうか。
力不足と言われても仕方がない。
マイナスな感情ばかり湧き上がる。

それから、職員室にいくつか電話がかかってきた。
ご家庭での指導の後、担任にその旨をお伝える電話だった。
保護者の方にとってもショックな出来事であるけれど、
やはり、子どもたちの成長の機会としてとらえてもらたいと思った。


親が教師が、子どもの人格を否定する家庭なんてあってはならない。
子どもたちがイタズラをしても、叱ったあとに、必ず許される社会が健全だ。

愛ある社会、学校、世間、家庭。
ワタシたちは、愛されあれば、この世の中なんとかなるんだろう。


さて、来週もがんばるべさ。



では。



スポンサーサイト
18 : 30 : 23 | お仕事 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<その熱中さは止められない。 | ホーム | バットを持ち続ける覚悟。>>
コメント
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2015/11/02 05:19 * [ 編集] | page top↑
--こんな先生に--

こんな先生に受け持っていただけたら
うちの息子も母親の私も、もっと
明るい小学校生活が送れていたんだろうな
と思いました。
応援しています。
by: メイシー * 2015/11/03 09:16 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ultramarutti.blog26.fc2.com/tb.php/1480-cf4a2630
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |