ただ、これだけで。
2014 / 07 / 05 ( Sat )
忙しい6月を乗り越えることができた。
自分としては、かなり満足ができている。
学年部の方との「乗り越えたぞ会」という飲み会を開き、
自分が乾杯の音頭を取ったり、自分の学年を支えてくださる先生方とより話ができたりして、
とても嬉しい気持ちになった。

もちろん、日々の仕事は忙しくて、目が回る。
特別な対応をすべき子の支援を考えたり、
他のクラスだけれど課題を抱える子の話をしたりと、
日々職員室は騒がしい。

主幹教諭から若手に向けてどんどんと授業を見せて欲しいとも頼まれている。
もちろん、それを快諾したワタシなのだけれど、
その理由を飲み会で聞いて笑った。
ワタシは「見られると、テンションが上がるM気質だろうから頼んだんだ」とのこと。
ま、どっちにせよ、若手に貢献できるのなら、やってやろうじゃないの。

今の学校にお世話になって早5年目だけれど、
夕刻に子どもたちの話題で尽きない職員室の雰囲気はいい。
子ども達のために働いているのを実感できる。
忙しいんだけど、やはり充実感がみなぎる。

毎日の日課として、帰りにスーパーで水汲みをする。
先日、そこに用意されていた「あなたの願いを短冊に!」という七夕イベントに
大人ながら、願いを書いて、飾ってしまった。

「○○人の子どもたちを心豊かに卒業させることができますように」

ん、これではオチがない。これはイカン。
「それとあと、ワタシの給料が上がりますように。」と書き加えた。


それから数日後、ある子どもに声をかけられた。その子のご家庭とは付き合いが長い。
スーパーでワタシの書いた短冊についてのことだった。

その日の夕方、スーパーに立ち寄る。
ワタシが書いた短冊の隣に、もうひとつ短冊がくくられていた。

それには、昨年度受け持った子どもの字が。

「○○先生の給料が上がりますように。」

嬉しい。
思わず携帯で写真を撮ってしまった。

これだけで十分、ずっと働くことができる!

教師という仕事叩かれてばかりなのだけれど、
やはり応援されるだけで、
子どもが応援してくれるだけで、
これからも頑張ろうと思ってしまう性なのである。

では。

スポンサーサイト
18 : 52 : 53 | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<一生の糧になればいい。 | ホーム | 忙しかった週末。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ultramarutti.blog26.fc2.com/tb.php/1445-9ea8b861
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |