新たなる挑戦の始まりと、とらえております。
2014 / 04 / 08 ( Tue )
毎年思うことなのですが、願わくば春休みなら突然の事故に遭って、あの世に行っても構わないな…と思います。
学級担任という仕事を続けるためには、一年間は自分の受け持ちを育てる責任がありますから、
途中でいなくなるわけにはいかないという覚悟をもって仕事しております。

と言えばかっこいいのですが、要は自分の学級経営は、他の先生に途中で引き継いでもらえるほど、
マトモなものである自信がないだけです。ハイ。

そんなわけで春休みは、気を抜いて過ごしたかったのですが、
今年はそうはいきませんでした。

その理由は、小学6年生の担任を命じられましたからです。
更に学年主任という大役もいただきました。

長くこのブログにお付き合いいただいている方はお分かりだと思いますが、ついに6年の指導ができます。
しかし、学年主任!? 
初めてこのオファーが届いた時には、鳥肌が立ちました。

だから、この春休みはできるだけ準備に費やしました。はっきりいって怖いです。
自分が学年を率いて仕事ができる男なのか。この予想外の人事にゾッとしてしまいました。


ただ、ワタシとしては失敗しても「死ぬ覚悟」はありません。
あくまでも、子ども達とそしてワタシを「上司」として仕えて下さる先生方とともに「笑って生きる覚悟」を決めました。
あと、できれば仕事の重圧につぶされることなく、ワタシの大事な家族と「楽しむ覚悟」もね。

だけれど、見通しの効かない1年間。はっきりいって自信はありません。
見栄を張るだけです。


危機感のないものは成長しない。


ワタシ、危機感だらけですが、前向きにがんばります。では。
スポンサーサイト

テーマ:教師のお仕事 - ジャンル:学校・教育

02 : 28 : 16 | お仕事 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<さりながら。 | ホーム | 少しばかり休みたいのですが。>>
コメント
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2014/04/08 21:19 * [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ultramarutti.blog26.fc2.com/tb.php/1436-ec84d86e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |