どうせなら。
2013 / 11 / 09 ( Sat )
最近は朝7時に家を出て、夜8時に家に戻ってくる。
家でも仕事をして、土日のどちらかは学校に行っている。
ちなみにうちの学校の鍵は、全員が持っているわけではない。
10個の鍵を許可を得て借り、週明けにはきちんと戻すやり方。
毎週末、気がつくと鍵がなくなっていることばかり。


んで、今日も研究授業のために仕事をしておりましたが、
やはり朝刊に載っていた記事がひっかかります。

教員の給料をまた下げたいのですね。
教員の給料を下げるだけで、国の借金が減っていくのですね。
公務員の給料カットは来春には終わる。もう減らさないという明るい話題の直後に、
こんな話、テンション下がります。

冬のボーナスは車検と来春の子どもたちへの教育費で消える予定です。
ちなみに車は9年目の車検。軽でも買えたらね・・・と夏には思っていたのですが止めました。



やはり、教職調整手当は要りません。
残業手当をいただけますか。
ワタシ、手帳にどれだけ残業をしたか書き残すようにしておりますが、
毎日ほぼ3時間~4時間はサービスしております。
この1カ月は70時間ほどです。これは少ない時間でしょうか。



ああ、久しぶりに言いたいことを言わせてもらいました。

来週からは、いよいよ「ごんぎつね」の単元に入ります。
自分の構想のスタートですから、研究授業の時だけでなく、
1時間1時間を大切にするために、考えを詰めていきます。
(というわけで今夜も仕事のことが頭から離れない)

もちろん、国語だけではいかんので、他の教科も。
そして、若手や学年主任様をサポートする仕事も。
で、学校にいい提案をされた方々の為にも(皮肉です)。

明日も学校で仕事です。


おいおい。


この国って、本当に教育にお金かけている?
教育は国の礎では?



では。









スポンサーサイト

テーマ:教育問題について考える - ジャンル:学校・教育

18 : 36 : 42 | お仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<もう帰れない。 | ホーム | せめて人間らしく。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ultramarutti.blog26.fc2.com/tb.php/1409-d643e9e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |