スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
気持ちの変化を表そう。
2013 / 09 / 29 ( Sun )
今朝は、バイトの日。
なんとなくお店の体制が変わるらしく、今日は朝8時に送ることになった。

そんな早いのなら、朝からジョギングをしようと走っていたら、
道ですっころんだ。
子どもたちにマット運動をする意味として、「万が一のため」と言ったことを恥じた。
ロクに受け身をとれず、左手のはらと右手の肘を思い切りすりむいてしまった。
あと、アゴと鼻の下をガツン。ああ、これは青タンになるのかも…。

そんな姿を家族たちに笑って済まされながら、研究授業の構想を練り直す。

授業でつけたい力は、「気持ちの変化を表す」ことだ。
最後の場面を脚本化するのは確かに楽しそうだけれど、目標に迫る言語活動ではない。
だから、辞めにした。

昔、総合が始まった時に作った「ポートフォリオ」を作ろうと思う。
ごんの気持ちの変化を場面ごとにまとめていく。

しかし、面を追いながら指導していくのは昔の指導だと思うので、
先に全体を見通させてから叙述をもとに想像させていこう。
おそらく、はじめの感想に「ごんが撃たれてかわいそう」と書くだろう。
その「かわいそう」への根拠が増えればいいのかなと思うんだ。


そんなことを書き込んでいると、娘が部活から帰ってきた。
ワタシの顔を見て、「ふっ」と笑う。

ま、笑いがあればなんとかなるさ。では、この変更について明日、学年の皆さんに語ろう。


スポンサーサイト

テーマ:教師の休日 - ジャンル:学校・教育

18 : 39 : 08 | お仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<単元から作ると、楽しい。 | ホーム | 方向転換する。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ultramarutti.blog26.fc2.com/tb.php/1403-475c2eff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。