スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
静岡の教育界が熱いので。
2013 / 09 / 18 ( Wed )
例の「学力調査最下位」のニュースから、県知事が「下位100校の校長名公表!」と声高らかに叫び、
知事と教育委員会で話し合いが繰り返されている。
元大学教授の知事だからこそ、教育には熱いのかもしれない。

ワタシ個人の意見を言わせていただければ、公表はアリだと思う。

序列化とか、学力が低い地域が明らかになることの弊害もある。
、テストがどうしても苦手な子もいる。
そのような子たちへのテストも考えていく必要もあるとは思うのだし、
地域の教育力、親の教育力、もちろん経済力も含め、国民的な議論になればいい。

また進言させていただけるのなら、上位100校も公表して欲しい。
できれば、お小遣いくらい上げて欲しい。



教職員にふさわしくないのかもしれないけれど、
子どもたちの力を伸ばしていくのが教師個人の力量としてとらえられるのなら、
ワタシはもっと力を伸ばしてやりたい。
前にも書き込んだけれど、こんな自分を「先生」と呼んでくれる子のために働いている。

でも、どんなに働いても、そこそこでも、この仕事は給料変わらない。
この考え方って、これから20年先に通用しているのだろうか。

自分に「付加価値」をつけるために勉強をするのだと思う。
職人なら、自分の技を磨くことで、自分を高く売ることができるはずでしょう。
教師だって職人だと思う。予備校の先生、塾の先生はもうそんな世界でしょう?


今ワタシは40歳。あと20年のうちに公務員といえど年俸制とか能力給が導入されると思う。
金に汚いと呼ばれてもいい。自分に実力をもっとつけたいんだ。
で、いつか自分の力を売っていこうと思う。


もちろん、これはワタシ個人の考え。明日は組合に行くのだけれど、きっとダメな考えになる。
でも、ちょっとだけ先を見ていこう。何が起こるか分からないはずだからこそ、
40過ぎた今でも、他の誰にも負けない教育力がある・・・いや、他の人も生かせる力のある教師に
なってやろうと思うのだ。


以上、勝手な意見でした。あくまでも一個人の考えであります。


では。










スポンサーサイト

テーマ:教育問題について考える - ジャンル:学校・教育

20 : 40 : 16 | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<方向転換する。 | ホーム | まさに「いただきます」だ。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ultramarutti.blog26.fc2.com/tb.php/1401-9f08e13a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。