うちの家族旅行は。
2013 / 08 / 23 ( Fri )
結論から先に申し上げますと、ワタシが企画する旅行は「教育的だ」と娘に言われました。
家族の願いを聞いたうえで、旅行に出かけてきましたが、いかがなものでしょう。


まず、静岡を午前1時に出て、6時間近くかけて姫路に向かいました。
目的は「姫路城」の改築工事。城を上から目線で見る生涯最後のチャンスです。
これはおこりんぼさんの希望で、今回の兵庫への旅の動機です。

うちから見える富士山が「世界文化遺産」として登録されて静岡県人は浮かれていますが、
さすが世界遺産の先輩格「姫路城」はスタッフの方の説明も上手でした。
また、城から姫路駅に向かって見下ろす景色はとても「城下町」って感じがして素敵でした。

次の目的地は明石です。
理由は「標準子午線」が見たいという願いから。
ま、実際に見ることはできませんので、教室の子どもたちへの「残暑見舞い」は
ここから送ることにしました。子午線に立っている郵便局で印を押してもらい発送です。
明石ではもちろん、玉子焼きを食べました。
だしをつけて食べる、柔らかい玉子焼きに家族全員で喜んでしまいました。

それから、明石海峡大橋に登って、ちょっとだけ瀬戸内海を見学。
橋の下にあるプロムナードにガラスの床があり、下の景色が眺められます。
いかに厚いガラスであっても、ワタシはやはり怖かったです。

宿泊地は神戸のホテル。教職員共済のホテルでしたので、はじめは「旅館」をイメージしていましたが、
ところがどっこい。ホテルでした。晩御飯もオーダーバイキングというちょっと偉い人になれた感じで、
普段のバイキングに慣れているワタシと子ども達ははじめ申し訳なさそうに注文をしていました。
(最後にはバクバク食っておりましたけれど)
翌日は、神戸散策。まずは異人館めぐり。関西の暑さは尋常ではなく、急坂を登るのがしんどかったです。
本当は「北野工房のまち」に行って、記念になるものを作りたかったのですが、悲しいことに休みでした。

それでも、神戸のパン屋さんを見学したり、南京町で肉まん食べたりと神戸の雰囲気を味わい、
やはりポートタワーに登り、山と海とに囲まれた街の景観を眺めておりました。

先ほどのセリフを娘に言われたのは、「震災メモリアルパーク」へ足を伸ばそうとした時です。
でも、やはり見ないわけにはいかないでしょう。見せないわけにもいかないでしょう。
震災の日は、和歌山の下宿で卒業論文を書いておりました身としては、他人事ではないのです。


そして神戸散策はいつの間にか夜になり、夜景を眺めながら、帰途につきました。
しかし、さすがに暑さにバテたのと神戸からの深夜運転は疲れました。
家に戻ったのは朝3時近く。往路に比べてSAに寄る回数は多くなりました。


7年ぶりの旅行。引っ越ししたり、家を建てたり、息子を海外に行かせたりとなかなか行けない旅行でした。
ワタシなりに無事に帰ってこれてよかったです。


では。

スポンサーサイト
16 : 31 : 41 | 子育て | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<サービス。 | ホーム | 久しぶりに県外旅行。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ultramarutti.blog26.fc2.com/tb.php/1397-31619a9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |