スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
防災エリート県民として。
2012 / 08 / 29 ( Wed )
残暑が厳しい中の授業再開。子どもも大人もなかなかペースが元に戻らない。
はじめの日は半ドンだったものの、今日の5時間目には寝てしまう子もいた。
無理もない。今まで天国のような時間を過ごしていたのだから・・・。

「ま、今週はしかたがない」と、ついつい呟いてしまう。

そんな中、防災訓練が行われた。

静岡新聞に掲載されている漫画では、静岡県民は「防災エリート」と表現している。
たしかに、防災訓練も多い。
東海地震も、津波も、そして不審者、更には富士山爆発・・・あらゆる種類の訓練を経験している。

今日の訓練も、子どもたちは落ち着いて、走らずに、静かに行うことができた。
しかし、怖さも感じた。

それは避難をする時。階段で渋滞が起きてしまった。
上の階から降りてくる子が、階段の外側を歩いていしまうと、階下の私たちはなかなか入れない。
うちの学校では、「おさない」「はしらない」「しやべらない」「もどらない」が、避難の合言葉。
さすがに、そんな人の波を割り入るワケにはいかない。
校舎の一番端がワタシの教室。結局最後になってしまった。


大規校。1000人以上が速やかに避難することって、実際に難しいことだと思う。
万が一の対応が本当にできるかどうか、まだまだ自信がもてない。



そんな避難訓練をはじめて経験するのは、夏休み明けにやってきた転校生。
「防災頭巾?」という彼。防災頭巾とは、いざという時に頭にかぶる頭巾。
普段は、子どものお座布団だけれど、トランスフォームする能力がある。

転校生は、こんなお座布団があったのか・・・と周囲を見回す。
ちなみに、静岡県で育った人の多くが、ほかの県では「防災頭巾」なんて存在しないことに気がつかない。
でも、そんな静岡に引っ越してきたのも、キミの運命。
万が一の災害から、自分の命を守る為に、ぜひ「防災頭巾」を購入してもらおうか。


スポンサーサイト

テーマ:教師のお仕事 - ジャンル:学校・教育

21 : 52 : 55 | お仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<あっという間。 | ホーム | 2012年夏の遊びおさめ。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ultramarutti.blog26.fc2.com/tb.php/1344-49712d08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。