心配なことは。
2012 / 07 / 13 ( Fri )
理科の時間。季節と生き物ということで、校庭の桜の様子を観察することにした。

春にも花がいっぱい咲いた様子を観察してあり、
葉っぱがたくさんある様子を見せたかった。

しかし、先月の台風の影響で、葉っぱは枯れ気味。
自然の猛威は恐ろしかったと思うものの、
その「つながり」を理解できていない子もいる。

「夏の桜は、葉っぱが枯れていました。」と思われたらどうしよう。
今年度は新採指導教諭として働く元主任がつぶやく。

確かに。

ツルレイシもかなりやられてしまっている。

子どもたちに「季節感」を教えるのは難しい。

スポンサーサイト

テーマ:教師のお仕事 - ジャンル:学校・教育

20 : 09 : 43 | お仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<万が一、たとえ一億分の一でも。 | ホーム | 忙しい中にも。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ultramarutti.blog26.fc2.com/tb.php/1337-24b05990
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |